iOS付属アプリに対し、Appleの広告が多すぎるとの批判

2020年3月11日 18:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 iOS 13に標準搭載されているApple製のアプリに対し、広告が多すぎるとの批判が寄せられている(GIGAZINEiPhone Mania9To5Mac)。

 たとえば「ミュージック」アプリでは頻繁に有料プランの広告が表示されるほか、「TV]アプリや「Wallet」アプリ、「Apple News +」アプリなどでも同様に大量の広告が表示されるという。そしてこれら広告は非表示にできないことから「アドウェアも同然だ」と批判されている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 広告 | アップル

 関連ストーリー:
マルウェア感染アプリ17本がApp Storeで発見される 2019年10月27日
Apple、「子ども向け」カテゴリのアプリに条件付きで他社の広告や分析機能の組み込みを認めるガイドライン変更 2019年09月15日
Appleの広告を集めて公開するサイト、Appleから大量の削除申請を受ける 2020年01月30日
Appleによる広告のためのユーザー追跡禁止方針、広告市場に大きく影響を与える 2019年12月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhoneMaciOS 13

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース