人類の食習慣を変えなければ気候変動問題は解決しないとの指摘

2019年10月3日 10:01

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 気候変動に関する書籍「WE ARE THE WEATHER」の著者であるJonathan Safran Foer氏曰く、畜産業はすべての飛行機、自動車、鉄道よりも多くの温室効果ガスを排出しているという。

 家畜のげっぷやおならからはメタンが排出されるほか、糞尿からはメタンと亜酸化窒素が排出される。メタンは二酸化炭素と比べて86倍、亜酸化窒素は310倍も強力な温室効果があるという。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の特別報告書によると、地球を救うために必要なほかのすべてを実行したとしても、動物製品の消費を削減しなければ、パリ気候協定の目標を達成することは不可能だと主張する。同氏によれば、人が地球の危機に取り組むためにできることのうち、食事を植物ベースに変えるのは簡単だと主張している。

 なお、New York Timesの最近の記事によると、温室効果ガスへの影響への影響の大きな食材は1位が牛肉で続いて子羊、次に養殖甲殻類、豚肉、家禽、養殖魚などが続くとしている(the GuardianSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
国連IPCC報告書、近い将来5~7倍のペースで海水温は上昇していくという可能性を指摘 2019年10月01日
原子力発電の温暖化対策効果は弱いとの調査レポート 2019年09月28日
ビル・ゲイツ曰く、世界を変えるなら二酸化炭素削減技術よりも温暖化適応技術に投資すべきだ 2019年09月20日
温暖化の影響で今後米国の都市も暑くなるとの予想 2019年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード食習慣

関連記事