北朝鮮、ソーシャルメディアで世論操作か

2019年10月2日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 オックスフォード大学が世界およそ70カ国を対象として2010年から2019年までに行った調査による報告書「The Global Disinformation Order:2019 Global Inventory of Organised Social Media Manipulation」によると、北朝鮮は3つ以上の国家機関を通して各国のソーシャルメディア世論操作に介入しているという(朝鮮日報CNET Japan

 北朝鮮には200人規模の常設世論操作部隊が存在するといい、主に不正アクセスで取得したアカウントを通して活動していると推測されている。具体的にどの国への攻撃を行っているからは明かされていないが、韓国や米国、日本などが含まれる可能性が高いようだ。

 また、こうした攻撃に利用されるソーシャルメディアとして最も活用されているのはFacebookだそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 政治 | Facebook | SNS

 関連ストーリー:
中国がカンボジアの総選挙に対しネットなどでの工作を行っているとの疑惑 2018年08月22日
「5Gの導入でムクドリが大量死」という2018年のフェイクニュース、メディアが報じて拡散される 2019年08月29日
シンガポールで偽ニュース禁止法が成立、当局による監視が可能に 2019年05月13日
Facebookは倫理的に破綻した嘘つき、とニュージーランドのプライバシー監督機関が批判 2019年04月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮Facebook

広告

広告

写真で見るニュース

  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース