「奈良 蔦屋書店」市中心部に20年春オープン、ブック&カフェや観光案内も

2019年9月13日 12:01

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「奈良 蔦屋書店」が、奈良市・三条大路の新施設「奈良県コンベンションセンター」に、2020年春にオープンする。

 奈良市の中心部に開業する「奈良 蔦屋書店」は、奈良県最大の会議場・観光交流拠点として2020年春に開業する「奈良県コンベンションセンター」の一部としてオープンするもの。“文化に囲まれ、好奇心の扉を開く場”をコンセプトに、奈良県の観光や地元の名産品をはじめ、悠久の都・奈良ならではの新しい知識の発見がある本や雑貨を提案していく。

 また、地域最大級の座席数となる「ブック & カフェ(BOOK & CAFE)」も設置。近隣住民はもちろんのこと、国内外から訪れる観光客が寛げる空間を目指していく。

 なお「奈良県コンベンションセンター」は、奈良県が、奈良市の中心部に位置する県有地を活用し、滞在型観光、人々の交流を促進する新たな拠点を創出する「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」の一環として開業するもの。

 「大宮通り新ホテル・交流拠点事業」では、国内初進出となる「JWマリオットホテル奈良」のオープンや、NHK奈良放送会館の移転も行う。

【詳細】
「奈良 蔦屋書店」
オープン時期:2020年春
場所:奈良県コンベンションセンター(2020年春開業予定)内
住所:奈良県奈良市三条大路1丁目

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード奈良県蔦屋書店

関連記事