ChromiumベースのMicrosoft Edgeベータ版、初回起動時に130回以上のネットワークリクエスト

2019年9月1日 21:18

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 BraveのJonathan Sampson氏によると、ChromiumベースのMicrosoft Edgeベータ版は初回起動時に50近い異なるエンドポイントに対し、合計130回以上のネットワークリクエストを送るそうだ(Sampson氏のツイートOn MSFTの記事Computingの記事)。

エンドポイントの多くはmicrosoft.comやwindows.com、msn.com、bing.com、live.com、skype.comといったMicrosoft関係のドメインになっているが、GoogleやFacebook、Twitterなどのドメインも含まれる。この調査をBraveに対してしばしば実行しているというSampson氏は他のWebブラウザーでも初回起動時のネットワークリクエストを調査しており、Google Chromeの場合は32回、Vivaldiは40回、Firefoxは83回、Operaは84回ということなので、新Microsoft Edgeは特に多いようだ。なお、Braveは23回で、すべてbrave.comドメインとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | ソフトウェア | ネットワーク | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Microsoft、ChromiumベースのMicrosoft Edgeプレビュービルドを正式公開 2019年04月10日
Chromiumベースの新Microsoft Edgeは接続先に応じて別のブラウザに偽装する 2019年04月23日
ChromiumベースのMicrosoft Edge for macOS、プレビュービルドが提供開始 2019年05月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterFacebookGoogleMicrosoftChromeMicrosoft EdgeFirefoxOperaChromium

関連記事

広告