国際 RSS

 

最低賃金15ドル公約の米サンダース議員、選挙事務員の勤務時間減らす

2019年7月24日 08:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

crass曰く、 最低賃金を15ドルに引き上げることを主張している米サンダース上院議員の選挙事務所で働く事務員の時給は、15ドルに満たないことが分かったそうだ(Newsweek)。

 2020年の米大統領選の民主党候補であり、民主社会主義者を自称するサンダース上院議員は連邦最低賃金を時給15ドル(約1600円)に上げることを政策の1つとして掲げている。

 実際サンダース議員は上院に法案を提出したり米Amazon.com米McDonald's米Walmart等に最低時給を15ドルにするように求めるといった活動を行っている

 しかし、そのサンダース上院議員の選挙事務所で働く選挙事務員が時給を計算したところ13ドルである事に気付いたという。そのためこの事務員は時給15ドルに昇給させる事を要求した。これに対しサンダース上院議員は選挙事務員の勤務時間を減らすことによって時給15ドルに辻褄を合わすよう対応するという。

 スラドのコメントを読む | 政治 | アメリカ合衆国 | お金

 関連ストーリー:
最低賃金を時給1,000円にする自民党方針に対し商工会議所が反対 2019年05月31日
米Amazon、最低時給のアップとともに労働者の労働時間を減らし帳尻を合わせる 2019年03月15日
米Amazon、最低時給を15ドルに引き上げ 2018年10月09日
米ファストフード業界、最低賃金アップで機械化が加速 2018年01月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード選挙民主党

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース