Books&Company、AIによる文章生成「easy writer」の試用版ユーザー募集

2019年5月31日 17:29

小

中

大

印刷

「easy writer」の画面イメージ。(画像: Books&Companyの発表資料より)

「easy writer」の画面イメージ。(画像: Books&Companyの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 電子出版ベンチャーのBooks&Company(東京都千代田区)は29日、同社が開発したAI文章生成サービス「easy writer」の試用版モニター募集を開始すると発表した。実際に使用してもらうことで、サービスレベルの向上を目指し、今夏のリリースに向けて最終調整を行う。

【こちらも】popteamがAIによるインスタの診断サービス、フォロワー数の増減も予測

 「easy writer」は、独自の音声認識AIを活用して、音声データをテキストデータに変換する文章生成サービス。例えば、会議やインタビューなど、ボイスレコーダーで録音してテープ起こしをしていた面倒な作業を解消する。

 独自解析技術により無音検出・音声分離等を施して文字起こしを行うため、より精度の高い分析を可能にしたという。そのため、だだの文字起こしのみではなく、読みやすい文章や原稿などにこだわるユーザー、書くストレスを軽減したいと考えるユーザーにも対応するとしている。

 入力は、インタビューや会議の音声同時入力に加え、ボイスレコーダーで録音した音声データからのテキスト変換も可能。テキスト化された文章に、句読点の自動付与や文章の切れ目での強制改行なども行い、「読みやすい、わかりやすい」文章を自動で作成する。

 そのほかアカウント共有者とのチャット機能や、変換したデータファイルのアップロードと共有、相手のプロフィールなどを事前に入力しておくメモ機能、Microsoft Wordへのエクスポートなど、編集・管理機能も備わっている。記者、ライター、速記者だけではなく、議事録や打ち合わせ記録の作成など、幅広いシーンで活用できそうだ。

 試用版ユーザーは、行政機関、非営利団体、弁護士事務所等を含む法人限定で募集する。今後はユーザーの使用感を反映して、夏のリリースに向けて調整するという。

関連キーワード人工知能(AI)

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース