国際 RSS

 

眠っている鳥の目から蛾が涙を飲む様子 南米アマゾンで撮影

2018年10月6日 21:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

蛾が眠っている鳥の目から涙を飲む様子の動画が南米・アマゾンのジャングルで撮影された(Mashableの記事Scienceの記事Smithonianの記事論文アブストラクトYouTube動画)。

チョウ目などの昆虫が脊椎動物の涙を飲む行動はlachryphagy(涙食)として知られており、その多くは水分のほかミネラルやタンパク質などの栄養分を補給するためだと考えられている。しかし、ターゲットとなるのは主に大型の動物であり、蛾が鳥の涙を飲む例はこれまでにマダガスカルコロンビア(アマゾン)の2例が報告されているのみだったという。

今回の動画が撮影されたのは2017年11月。撮影したNational Institute for Amazonian ResearchのLeandro Moraes氏は調査のためアマゾニア中部のソリモイス川流域を探検中、ヤガの一種(Gorgone macarea)がクロアゴアリドリの肩にとまり、口吻を目尻から差し込んで涙を飲んでいるところに遭遇する。クロアゴアリドリはいったん目を開けるものの、気にする様子もなく再び目を閉じてしまう。その45分後にはクロアゴアリドリの涙を飲む別の種類の蛾も目撃したそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | idle

 関連ストーリー:
戦闘タイプと性交タイプの2タイプに成長できるゴキブリ 2016年11月21日
「尿からスポーツドリンク」、宇宙で実験へ 2011年07月10日
ユニークな物理構造を持つ蝶のはね 2010年06月21日
糸を使ってカタツムリを捕まえるイモムシ 2005年07月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードYouTube

関連記事

広告