国際 RSS

 

コロンビアの麻薬カルテル、麻薬探知犬の首に約770万円の賞金

2018年7月30日 00:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

コロンビアの麻薬カルテル Clan del Golfo(Urabeños)が麻薬探知犬の首に2億コロンビアペソ(約770万円)の賞金をかけたそうだ(El Heraldoの記事BBC Newsの記事The Telegraphの記事NPRの記事)。

麻薬探知犬のSombraは6歳のジャーマンシェパード。過去数年の間におよそ10トンのコカインを探知し、245人の逮捕につながる活躍をしているという。コロンビア最大の麻薬カルテルとされるClan del GolfoはSombraの活躍を脅威に感じて賞金をかけたとみられる。

警察ではSombraを守るため、組織の影響力の強い地域から首都ボゴタのエルドラド国際空港に移動し、警護も強化したそうだ。Sombraはあと数年は引き続き空港で麻薬探知の仕事を続けられるとのことだ。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | 犯罪 | idle | お金

 関連ストーリー:
麻薬王を侮辱したメキシコの人気YouTuber、ギャングに射殺される 2017年12月25日
Bitcoinで支払いを行うクラウドファンディング型「暗殺請負サイト」 2013年11月20日
ネズミを訓練して地雷を探知させる新たな技術 2012年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードコロンビア(国)

関連記事

広告