客に家庭用ゲーム機プレイさせた大阪のゲームバー、一斉閉鎖

2018年4月11日 15:35

印刷

記事提供元:スラド

 店内で客に家庭用ゲーム機を遊ばせていた大阪の「ゲームバー」3店舗が、業界団体からの指摘を受けたとして一斉に閉店した(ITmediaAUTOMATON)。

 家庭用ゲーム機を顧客に遊ばせる行為は映画と同様の「上映」となり、著作権者の許諾を得ていない場合上映権の侵害となるとの解釈。客がゲーム機を持ち寄る形式であれば問題は少ない(ただしコンピュータソフトウェア著作権協会はケースバイケースとしている)もの、以前はゲーム機を設置してプレイさせていたことが発覚して問題となった店舗もある。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権 | ゲーム

 関連ストーリー:
配信禁止になっていないゲームの配信を行ったら著作権違反申し立てを受け配信停止処分を受けるトラブル 2016年12月02日
リアルマネートレード業者、商標法違反容疑で逮捕される 2015年02月20日
人気漫画内に無断で同社のゲームを描いたとして、SNKがスクエニを告訴 2014年08月06日
Wii などのゲーム機を宿泊客に貸し出したホテル、「上映権侵害」で捜索を受ける 2011年01月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権ゲーム

関連記事