キューバで発生した米大使館職員の健康被害、原因は音響兵器か?

2017年9月18日 23:05

印刷

記事提供元:スラド

キューバで昨年末から今年春にかけて米国の大使館職員を狙い、健康被害を与える謎の「攻撃」が行われていたそうだ(米国務省報道官ブリーフィング — 9月14日APの記事The Vergeの記事Ars Technicaの記事)。

米国務省が最初にこの問題を認めたのは8月上旬8月下旬の段階で米職員の被害者は少なくとも16人と説明していた。しかし、14日のブリーフィングでは21人に増加している。

米大使館書記官が「Health Attack」と呼ぶ攻撃や被害の状況について国務省は公式な見解を示していないが、耳鳴りや難聴から軽い脳外傷、神経中枢の傷害まで幅広い被害が出ていると報じられている。APの記事によれば、室内のきわめて狭い範囲で大音量の騒音を聞いた被害者や、振動を感じた被害者もいるとのこと。

被害は職員の自宅のほか、少なくとも1件はホテルで発生しているという。カナダ大使館職員の家族にも被害者が出ているそうだ。音響兵器のようなものが使われたとも推測されるが、装置は大掛かりで隠すのは困難だ。APの記事では超強力な超音波発生装置を並べたプールに頭を突っ込みでもしない限り、脳が損傷を受けることはないとする音響心理学専門家の意見も紹介している。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 医療 | アメリカ合衆国 | 政府

 関連ストーリー:
超音波でデジタルアシスタントデバイスを操作する「DolphinAttack」攻撃 2017年09月10日
ドローンやVR機器で使われる加速度センサやジャイロセンサは超音波で誤動作する 2017年08月29日
キューバ政府、「民主主義」などの単語を含むテキストメッセージを検閲・ブロック 2016年09月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキューバ

関連記事