ライフ RSS

 

資生堂、女性向けの育毛美容液「スカルプエッセンス」を発売

2017年5月25日 17:04

小

中

大

印刷

スカルプエッセンス (資生堂の発表資料より)

スカルプエッセンス (資生堂の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 資生堂は、化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」から、薬用頭皮用育毛美容液「スカルプエッセンス (スパークリングフレグランス)」(医薬部外品)を6月21日に発売する。ノープリントノープライス商品のため、小売店が自由に価格を決められる。

【こちらも】アンチエイジング市場が好調、2017年のキーワードは「シワ」の改善

 髪が揺れるたびに香りが漂う育毛剤で、生体内薬用成分「アデノシン」が配合されている。アデノシンは、もともと人間の体内にある成分で、毛生・発毛を促す作用がある。頭皮が油分でベタベタするのを防ぎ、臭いも和らげることができる。

 化粧品専用ブランド「ベネフィーク」は、1996年に誕生した。蛯原友里さんをイメージキャラクターに採用し、肌の潤いやバランス、温度にこだわった美容法「℃美容(ドシー)」が女性に人気のブランドだ。

 ベネフィークは、20代~40代の女性の髪や頭皮の健康や悩みに着目し、スカルプエッセンスを開発した。この年代の女性は、髪や頭皮に関して「頭皮の臭いが気になる」「髪などからふんわり良い香りがただようことは、愛され女子の必須条件」、「若いときからずっと髪や頭皮のケアをすることで、将来、抜け毛や頭皮臭などで悩まなくていい」という意識を持っているという。一方、多くの女性たちは「どのように対処したらよいのか分からない」「どの製品が悩みを解決してくれるのか分からない」という悩みも抱えており、なかでも、特に、地肌の臭いやベタつきに悩む人が多い。そうしたニーズに対応すべく開発されたのが、「スカルプエッセンス」だ。

 髪が揺れるたびに心地よい芳香が鼻孔をくすぐり、頭皮は、すっきりとした爽快感がする。種類は1種類、80gで、水色に紫や黄色の花柄が描かれたボトルに入っている。

 髪が細くなる、薄くなる、もしくは頭皮が臭うという悩みは男性だけが持つものではない。頭髪専門の外来がある病院もある。男性とは違って、出産や更年期というライフイベントや加齢、女性ホルモンの変化が薄毛などの悩みに影響することもあるという。愛されオーラのする香りが漂うという「スカルプエッセンス」は、髪の生育環境を改良する。さらに頭皮の循環美容成分として、ケイヒエキスがキイチゴエキス、イチョウエキスなどが配合されている。幅広い年代の女性が使用できる頭皮用育毛美容液で、自宅で簡単にセルフケアできるのも魅力だ。(記事:服部小夜子・記事一覧を見る

関連キーワード資生堂

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース