三菱UFJ信託銀行、法人融資事業を三菱東京UFJ銀行と統合へ

2017年5月19日 08:15

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

三菱UFJフィナンシャル・グループが傘下の三菱UFJ信託銀行の法人貸出業務を三菱東京UFJ銀行に移管すると発表。独立系の信託銀行である三井住友信託銀行が法人融資部門をどのように取り扱うのか、今後注目が集まることになりそうだ。

三菱UFJフィナンシャル・グループが傘下の三菱UFJ信託銀行の法人貸出業務を三菱東京UFJ銀行に移管すると発表。独立系の信託銀行である三井住友信託銀行が法人融資部門をどのように取り扱うのか、今後注目が集まることになりそうだ。[写真拡大]

写真の拡大

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>が傘下の三菱UFJ信託銀行の法人融資業務を、三菱東京UFJ銀行に移管すると発表。時期は来年、2018年4月を目処としている。

 信託制度を利用し顧客の資産運用業務を手掛けてきた信託銀行であるが、一方で銀行業務として通常の法人融資も手掛けており、信託銀行は日本独自のビジネスモデルとして発展の歴史的経緯を有している。数多く存在していた信託銀行も金融再編の結果、三菱UFJ信託銀行及びみずほ信託銀行はそれぞれのグループ傘下の企業となり、現在は三井住友信託銀行のみが独立系の企業となっている。

 00年代初頭の金融危機も乗り越えてきた三菱UFJ信託銀行であるが、日銀のマイナス金利導入の影響により、法人融資部門の採算が厳しくなりつつある。また三菱UFJフィナンシャル・グループ内にメガバンクの三菱東京UFJ銀行が存在の中、三菱UFJ信託銀行の法人融資部門については過去よりその位置付けが議論の的となってきた。

 三菱UFJ信託銀行は法人融資業務を三菱東京UFJ銀行に移管することにより、顧客の資産運用業務に特化することとなる。今後、三菱UFJ信託銀行は三菱UFJフィナンシャル・グループにおいて、不動産・年金・証券代行・相続業務等に軸足を置いた「信託型コンサルティング&ソリューションビジネス」を展開予定としている。またそれに伴い、投資信託会社の三菱UFJ国際投信の株式を三菱UFJ証券HDと三菱東京UFJ銀行から譲り受け、完全子会社化。資産運用会社としての方向に一気に舵を切る。

 みずほグループのみずほ信託銀行は既に資産運用業務にシフトしており、今回三菱UFJ信託銀行も同様の路線を歩むこととなる。日本独自のビジネスモデルとして発展の信託銀行は、歴史的な転換点を迎えたと言える。

現在、金融グループとしては独立した形を取っている三井住友信託銀行を傘下に持つ三井住友トラストHD<8309>が、今後法人融資部門をどのように取り扱うのか。三井住友信託銀行の経営判断に注目が集まることになりそうだ。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
【メガバンクの2017年3月期決算】超低金利で本業の苦戦が続き、有価証券運用益や海外でカバーする構造は変わらない
決済金額6年連続で増加中のデビットカード
横浜銀行が投資商品の営業の場に人工知能を導入
ブロックチェーン活用は新たなステージへ 進む国内実証実験
国内銀行112行の9月中間期の貸出金のうち地方公共団体向け貸出残高は28兆7,619億円と6年連続で増加

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱東京UFJ銀行年金資産運用

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース