駐韓米軍 THAAD装備を配備

2017年4月27日 11:10

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 韓国・聯合ニュースは26日「在韓米軍が26日午前0時から4時間ほどで、米最新鋭地上配備型迎撃システム高高度防衛ミサイル(THAAD)」の装備を南部・慶尚北道星州郡内の用地に配備した」と報じた。

 報道では「発射台6基、射撃管制レーダー、迎撃ミサイルなど大部分の装備が運び込まれたことから、近いうちに初期作戦能力の確保に向けた装備のテストが始まるとみられる」としている。

 また「射撃管制レーダーは完成した状態で、迅速に移動できるようトレーラーに搭載されている」とし「米軍がグアムに配備しているレーダーと同じ状態」という。

 「配備用地は元ゴルフ場のため、発射台を置く場所をコンクリートで平らにする作業だけすればよい」と作業がスムーズに進む状態にあることを伝えている。

 また、韓国軍関係者の話として「韓米はTHAADを速やかに配備し年内に作戦運用に入るという姿勢を明らかにしてきた」ことを強調している旨も伝えている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
日米韓防衛実務者協議 中国の対韓姿勢もけん制
ソウル市が格安航空LCCと日本人誘客推進へ
韓軍 対北でM-SAMシステムを来年にも配備
独自に敵基地反撃能力の保有をと提言へ
朴大統領罷免はアジア・太平洋の安全に影響多大

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国米軍THAAD(高高度防衛ミサイル)

関連記事