ヨネックス、同社史上最軽量のテニスシューズ「エアラスダッシュ」を発売

2016年3月7日 18:46

小

中

大

印刷

左から「パワークッション エアラスダッシュ AC(ブルー)」、パワークッション エアラスダッシュGC(ライム)」、「パワークッション エアラスダッシュGC(ピンク)」(ヨネックスの発表資料より)

左から「パワークッション エアラスダッシュ AC(ブルー)」、パワークッション エアラスダッシュGC(ライム)」、「パワークッション エアラスダッシュGC(ピンク)」(ヨネックスの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ヨネックスは7日、軽量テニスシューズ「パワークッション エアラスダッシュ」を4月中旬に発売すると発表した。シューズ重量は片足平均270g(26.0cm)で、同社史上最軽量という。

 同社によると、アッパー(甲)部に、薄型で軽量な樹脂製フィルム「デュラブルスキンライト」を無縫製で搭載し、軽量性とフィット感を向上させた。また、独自のラケットカーボン加工技術を応用した「3Dパワーカーボン」をミッドソールの中足部に搭載。シューズのねじれや曲りを抑え、安定感も高めた。

関連記事

広告

財経アクセスランキング