ネクストエデュケーションシンク、企業内定者・新入社員向けの基本スキル診断セットを提供

2011年11月4日 11:43

印刷

 スキル診断・eラーニング・研修専門の教育サービスベンチャーの株式会社ネクストエデュケーションシンク(本社:東京都文京区)は、2012年4月企業入社予定の企業内定者・新入社員に向けて、「基本スキル・コンピテンシー診断セット」を提供開始した。

 「基本スキル・コンピテンシー診断セット」は、いまやすべての仕事の必須スキルであるといえる、Microsoft Officeの操作スキルや、企業人として活躍するための若年者コンピテンシーである社会人基礎力、意識、資質を可視化することが可能。

 「入社前の期間を利用し、グローバル競争時代の企業で活躍できる社会人となるための、強いマインド醸成の仕掛けとして実施し、新入社員研修や、eラーニング実施につなげることで、個人ごと、組織ごとに応じた、最適で効果的な研修・育成が可能となる」と同社はコメントしている。

 セットに含まれる診断は、Microsoft Officeの操作スキルを可視化する「Officeスキルレベルチェッカー」、企業人として活躍するための若年者コンピテンシーである社会人基礎力を可視化する「社会人基礎力診断」、意識・資質を可視化するための適性診断 「NET*ASK Ver3.1N」の3つとなっている。

関連記事