東北電力、12日の最大需要を1150万kWに変更 東電から追加で30万kWを融通

2011年9月12日 14:15

小

中

大

印刷

 東北電力は12日、当日の最大需要を1,080万kWと想定し、供給力を1,179万kWとしていたが、「本日、気象状況等による需要増加を考慮して、最大需要を当初の想定に比べ70万kW増の1,150万kWに変更した」と発表した。

 このため、「当社は、東京電力から30万kWの電力融通(9月9日お知らせ済み)に加えて、最大30万kWの電力融通(本日13時から19時30分まで)を受けることとした」と発表。この追加により、東京電力から最大60万kWの融通を受けることになる。

 この結果、本日の供給力は1,209万kWとなり、予備率5.1%となる。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース