クリエイティブAIを提供するRADIUS5、アニメ映像を4K・8Kサイズに変換できる「AnimeRefiner」をリリース

プレスリリース発表元企業:株式会社ラディウス・ファイブ

~10作品限定、「AnimeRefiner」無料体験キャンペーンも実施~

株式会社ラディウス・ファイブ(本社:東京都新宿区、代表取締役:漆原大介、以下 RADIUS5)は、AIによってアニメーションを高解像度に変換できるサービス「AnimeRefiner」の提供を開始します。
▼「AnimeRefiner」
URL:https://animerefiner.com



[画像1: https://prtimes.jp/i/42049/4/resize/d42049-4-265575-8.jpg ]

開発の背景
4Kテレビの普及に伴い、4Kコンテンツのニーズも高まっています。しかしながら、4Kコンテンツ制作には撮影・制作機器等を4K対応するために、膨大な投資が必要となります。そのため動画配信サービスではまだまだ4Kコンテンツが不足しているのが現状です。多くのコンテンツがフルHD映像でそのまま視聴されたり、実際の4K品質とは異なる4K相当に変換(アップコンバート)された映像で視聴されています。

特にアニメにおいて4K制作を行うためには、主流であるフルHD(1920×1080px)の4倍サイズ(3840×2160px)での制作が必要です。描くサイズが4倍となるため、更に制作コストや工数を圧迫することになります。同様に、過去のアニメタイトルに関しても、本来の4K品質にリマスターするには、膨大な予算と時間を必要とします。

私たちが新たに開発した「AnimeRefiner」(読み:アニメリファイナー)は、AIを用いて、この課題を解決します。HDサイズのアニメなら4Kサイズ以上に、またフルHDのアニメなら8Kサイズにまで変換が可能です。これにより過去のアニメタイトルを4Kテレビ用に高解像度化でき、今後制作するアニメタイトルにおいても、この技術を使うことで、4K・8Kサイズのコンテンツ制作にかかる制作現場の負担を低減することが可能です。

「AnimeRefiner」の特徴
Deep learning を活用することで、従来の画像を引き伸ばして中間を補間する変換(アップコンバート)技術では不可能だった、高品質な状態での高解像度化が可能です。高解像度化AI「PhotoRefiner」(https://cre8tiveai.com/pr)で培った独自のAIモデルにより、アニメを縦横4倍のサイズに高解像度化できます。低解像度な動画と高解像度な動画の特徴を大量に学習したAIは、これまでの技術とは比較にならないほど美しくアニメを高解像度化することができます。


様々な種類のノイズを除去

[画像2: https://prtimes.jp/i/42049/4/resize/d42049-4-864083-5.png ]




アップコンバートによる映像のぼやけを鮮明化
[画像3: https://prtimes.jp/i/42049/4/resize/d42049-4-686818-6.png ]



陰影もキレイに
[画像4: https://prtimes.jp/i/42049/4/resize/d42049-4-912883-7.png ]



(C)TOMASON
upconverted by RADIUS5 Inc.




[動画: https://www.youtube.com/watch?v=xt6UND-tPPg ]

   URL:https://www.youtube.com/watch?v=xt6UND-tPPg

■10作品限定「AnimeRefiner」無料体験キャンペーン実施
今回の新サービスリリースを記念して、少しでも多くの方に「AnimeRefiner」の良さを実感いただけるよう、高解像度化を希望するコンテンツホルダーを対象に先着10作品限定で「AnimeRefiner」無料体験キャンペーンを実施します。

募集期間:2020年2月19日~2020年3月31日
申込方法:当社WEBページの問い合わせフォーム(https://animerefiner.com)よりご連絡ください。
※無料キャンペーンには適用条件がございます。詳しくはお問い合わせフォームをご確認ください。

■RADIUS5について
RADIUS5では、「人がクリエイティブになれる世界を創る」というビジョンの元、クリエイティブの現場で利用することができるAIサービスの開発に取り組んでいます。

2019年2月にクリエイティブ作業を効率化する様々なAIツールを提供するプラットフォーム「cre8tiveAI」をリリースし、その後、写真やイラストの高解像度化AI「Photo Refiner」の提供を開始。2019年9月には100万種類以上の顔イラストを生成する「彩ちゃん」をリリースしています。

RADIUS5では引き続きDeep learning 技術を用い、非クリエイティブな仕事をAIに置き換え、人がよりクリエイティブな仕事に従事できるようなサービスの開発を続けて参ります。

これらクリエイティブに関連する様々なAIは「cre8tiveAI」というプラットフォーム上で提供して参ります。

URL:https://cre8tiveai.com/

■ミルキーパニック -twelve-について
本プレスリリースに掲載のアニメは『ミルキーパニック -twelve-』です。十二支の動物たちと猫族との戦いを、西部劇風のタッチとユニークなキャラクターで描いたTOMASONのオリジナルアニメです。

TOMASONは、『ふるさと再生 日本の昔ばなし』シリーズをはじめ、VPやCM、プラネタリウム番組、3DCGモデリング、さらには映像コンテンツのシナリオから音楽、音響制作、編集まで、多岐にわたる活動を展開し続けるアニメーション&CGスタジオです。

なお、プレスリリースやウェブサイトおよびYoutubeにアップロードしている画像や動画は、AnimeRefinerの高解像度化の効果を分かりやすくするために、FHDの映像をダウンコンバートした後にAnimeRefinerの高解像度化の処理を施しております。

URL:https://www.tomason.co.jp/

■「AnimeRefiner」に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社ラディウス・ファイブ
URL:http://radius5.co.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告