JAPANNEXTが50型4K液晶モニターHDMI 2.0 HDCP2.2 60Hz SVAパネル「JN-VT502UHD」を2月3日に新発売!

プレスリリース発表元企業:株式会社JAPANNEXT
JAPANNEXTが50型4K液晶モニターHDMI 2.0 HDCP2.2 60Hz SVAパネル「JN-VT502UHD」を2月3日に新発売!

JAPANNEXTが50型4K液晶モニターHDMI 2.0 HDCP2.2 60Hz SVAパネル「JN-VT502UHD」を2月3日に新発売!

JAPANNEXTが50型4K液晶モニターHDMI 2.0 HDCP2.2 60Hz SVAパネル「JN-VT502UHD」を2月3日に新発売!


液晶ディスプレイ(液晶モニター)製品の開発・製造・販売などを手がけている株式会社JAPANNEXT(ジャパンネクスト)(本社:東京都千代田区)は、SVAパネル採用で4K UHD(3840×2160ピクセル)解像度を実現した4K対応50型ディスプレイ「JN-VT502UHD」の販売を2月3日(月)より開始いたします。なお、1月28日(火)~2月17日(月)は発売記念特価販売セールを実施いたします(49,970円 税込)。

本製品は4K解像度に対応した大型液晶モニターとなります。10Wx2のステレオスピーカーを搭載しHDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できます。4Kとは、フルHD(1920×1080)の約4倍の作業領域を実現する3840×2160ドットの解像度となり、高精細な表示を実現できます。インターフェースはHDMI2.0を4ポート搭載しています。5000:1と非常にコントラストの高いスーパーVAパネルを搭載し、広視野角上下左右178°を実現します。10bitカラーパネルを採用し画像をより鮮やかに、美しく、どんな場面でも忠実に色再現できます。60Hzのフレッシュレートで、動きの速い描写の映像をなめらかに表現することが可能です。筐体はブラックの1色となります。※テレビを視聴するには別途チューナーが必要となります。

JN-VT502UHDの主な特徴

圧倒的な情報量の表示と効率的な作業領域を実現

4KはフルHD(1920×1080)の4倍の作業領域を実現する3840x2160ドットの解像度です。一般的なフルHD液晶ディスプレイより作業領域は圧倒的に広く、例えば、フルHD動画を同時に4つ表示可能です。4K対応の解像度を誇り、広域表示に対応することで作業効率を大幅に向上できます。


大型グラフィックスを扱うDTPやCADソフトなどの作業パレットを配置したり、複数ドキュメントを扱うオフィスワークや、WEBページの同時表示や、フルHD動画を楽しみながらスカイプやその他のSNSアプリを同時に表示することができ、様々な作業をよりよくサポートします。


HDMI2.0 HDCP2.2対応で4K配信コンテンツが楽しめる

パソコンのみならず、4K対応メディア配信サービスが楽しめる(ひかりTV 4K, NETFLIX,スカパー,AMAZONビデオ等)。 HDMI2.0ポート搭載でレコーダーやゲーム機、Amazon Fire TVまたはGoogle Chromeなどなどに繋いで4K映像を大画面でお楽しみいただけます。

大画面なのに、高画数密度を実現

画数ピッチ(画素と画素の距離)を約0.28ミリ迄に縮めることで、50型モニターでも88PPIという高画数密度を実現できる4K解像度。細部まで精確にくっきりと再現する、今までにない精確性と鮮やかさを体験できます。

10BIT / 10.7億色 表示パネル採用

映像をより鮮やかに、美しくどんな場面でも忠実な色再現できる1.07B色対応パネル用。


高性能で定評のSVAパネル採用

SVAパネルは標準的なTNパネルとは異なり、画像を鮮やかな色彩でくっきりとより鮮やかに美しく忠実な色再現できます。コントラストは5000:1とモニターのVAパネルとしては非常に高く、メリハリのある画像をきれいに表現。広視野角上下左右178°を実現します。

充実のインターフェース

多数の入力端子を搭載し、パソコンのみならず、ブルーレイディスクプレイヤー、家庭用ゲーム機、デジタルビデオカメラなどを1本のケーブルで接続できます。


4  X HDMI 2.0     1 X USB

1 X イヤホン(出力) 1 X  SPDIF

その他の特徴、機能、など

スピーカー:10W X 2のスピーカーを搭載、買ってすぐ映画や音楽も堪能できます。


■SVAパネル採用4K対応50型液晶モニター

「JN-VT502UHD」商品概要


商品名:JN-VT502UHD

モニター(ディスプレイ)サイズ:50インチ

パネル種類:SVA

外形サイズ:1131×721×254ミリ

重量:約12キロ

コントラスト:5000:1

視野角(上下/左右):178/178度

画素ピッチ:0.28(H)×0.28(V)

解像度:3840×2160ピクセル

入力端子:HDMI 2.0×4、USB×1、イヤホン

スピーカー内蔵:10Wx2


価格・発売開始時期


定価: オープン価格

参考価格: 59,970円 税込

発売開始時期: 2020年2月3日

(発売記念モニター特価販売期間 2020年01月28日~2020年2月17日 49,970円 税込)


製品仕様、製品情報、商品ショップURL


▼ 「JN-VT502UHD」商品紹介ページ:

http://japannext.net/?page_id=7321


▼ 「JN-VT502UHD」商品販売ページ:

http://japan-next.jp/shopdetail/000000001075


▼ 「JN-VT502UHD」商品販売ページ(ウェブサイト「Amazon.co.jp」):

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0842H3S3C


【株式会社JAPANNEXT(ジャパンネクスト)について】

本社:〒101-0032 東京都千代田区外神田1-9-9

設立:2006年03月

URL: http://www.japannext.net/

事業内容:ディスプレイ(モニター)およびエレクトロニクス製品の開発・製造・販売と関連事業ほか


【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:株式会社JAPANNEXT

Email:support@japannext.net





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジを受けたトヨタ・RAV4(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース