2020-01-21 22:55:00

SD/microSDメモリカード-世界で最も支持されているメモリカード-技術革新に満ちた20年を迎え

プレスリリース発表元企業:SD Association
SD/microSDメモリカード-世界で最も支持されているメモリカード-技術革新に満ちた20年を迎え

2000年1月に業界の牽引役としてSDアソシエーションが発足

(カリフォルニア州サン・ラモン発)-(ビジネスワイヤ) -- SDアソシエーションは今年で設立から20周年を迎えます。20年前、メモリカードに革新をもたらし、世界の一般ユーザと企業の利便性を高めるという使命のもとにSDアソシエーションは誕生しました。その後の20年間でSDメモリカードは進化を遂げ、機能を拡張し、最も幅広い支持を受けるメモリカードとなりました。今日、SDメモリカードとmicroSDメモリカードは、20年前には想像できなかった広範囲のデバイスと用途で使用されています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20200121005096/ja/

SD 20th Anniversary (Graphic: Business Wire)SD 20th Anniversary (Graphic: Business Wire)

SDメモリカードは持ち運び易く、性能向上が容易で、相互運用に優れているため、個人や法人のお客様に選択肢を提供し、様々な家電製品の利便性と価値を高めるとともに、より長期間の使用を可能にします。SDメモリカードは、より大容量のデータ保管が必要とされるモバイル時代において、数十億もの製品でストレージデバイスの代名詞と呼べる存在になりました。IDCによれば、2023年以降は、企業、機械、産業、民生、科学研究などから毎年103ZBのデータが生成されると予想されています。スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、ドローン、監視カメラ、自動車など様々な情報源から生み出されるデータをSDメモリカードで保存することで、個人および法人のお客様は、音楽、映画、テレビ番組、ゲーム、写真などを安全に保管しながら、いつでもこれらにアクセスすることができます。

20年前のメモリカード市場は、規格が異なる5~6社による独自カードが主流で、相互互換性に欠け、異なるデバイス間での相互運用性もありませんでした。そのような状況のなか、SD規格は家電機器に対する需要の高まりに対応し、デバイスメーカー間のコラボレーションと成長を促進する堅牢なエコシステムの継続的発展のための技術標準となることを目的として設立されました。SDアソシエーションは、松下電器(現パナソニック)、サンディスク(現在はウエスタンデジタル子会社)、東芝(メモリ部門が独立し現在はキオクシア)の3社により設立されました。

「SDアソシエーションが設立された20年前、小さなSDメモリカードに21世紀のデジタルデータストレージにおいて重大な役割を果たすポテンシャルがあることを見抜いたこの3社には先見の明があったと思います。そしてこの設立の決断が、やがて事実上の次世代デジタルメディア標準を作り上げることになりました」とSDアソシエーションのヨシ・ピント取締役会議長は語ります。「SD規格は、メモリカードの標準化を通じてユーザに恩恵をもたらしただけでなく、さらに進化を続け、業界からの要望に応えるべく機能を拡張してきました。その結果、SDアソシエーションは現在、リムーバブルのストレージメディアにおいて最も認知度が高く信頼されるブランドとなりました。」

設立からの20年間でSDアソシエーションが成し遂げた技術革新の流れを以下にまとめました(インフォグラフィックをご覧ください):

15の主要な物理および形状規格に加え、数多くの追記規格、テストガイドラインやアプリケーション規格を策定一般ユーザと企業の両方から最も幅広く支持されている小型フォームファクタのmicroSD規格を策定SDHC、SDXC、SDUC規格で最大128TBの大容量メモリカードを実現新規格のSD Expressでは985MB/秒という12MB/秒の100倍に迫るスピードを達成差し込むだけで使える利便性の高い下位互換性サポートを維持SD規格の策定と利用に向け、累計1,700社を超える会員企業が参加20年前に初めて販売されたSDメモリカード製品容量はわずか8MBでした。メモリ技術の飛躍的な進歩により、SDXCカードやmicroSDXCカードでは既に1TBのメモリ容量を実現しています。これは最初のSDメモリカードの約125,000倍に相当します。

「SD技術の創造により、SDアソシエーションは企業および一般ユーザ向け製品の標準化に貢献し、企業活動が継続的に成長する堅牢なエコシステムの基盤作りに寄与したと考えています」とSDアソシエーションの坂本広幸代表社長は述べています。「SD Express、microSD Express、SDUCという新規格で、SDアソシエーションは更に広く指針となるロードマップを展開しています。」

SDアソシエーションは、一般ユーザ向けおよび業務用アプリケーションのメモリカード標準化において卓越した専門知識を誇ります。また、優れた技術規格仕様開発プロセスを備えており、相互運用性と仕様適合性に関する新製品のテストでは厳しいコンプライアンス活動に裏付けされたテストガイドラインを装備しています。さらに、グローバルマーケティング・広報チームは、SD規格対応製品へのロゴマーク使用に関する標準化と管理を行い、ユーザーの知識を高め、SD規格の採用、普及、使用を促進する活動に励んでいます。

SDアソシエーション

SDアソシエーションは、相互運用性があるSD規格の策定に取り組む約850社のテクノロジー企業が連携協調する世界的エコシステムです。SDアソシエーションは、市場をリードするSD技術を利用した家電、ワイヤレス通信、デジタル画像およびネットワーキング製品の開発を促進しています。SD規格はユーザに最も支持されており、信頼性の高い相互運用性と使いやすいフォーマットにより、メモリカード市場の90%以上を占めています。現在、SD規格の相互運用性はスマートフォン、タブレット、ドローン、IoTデバイス、HDTV、オーディオプレーヤー、自動車、コンピューター、デジタルカメラ、およびデジタルビデオカメラで利用されています。SDアソシエーションまたはSDアソシエーションへの加盟方法に関する詳細につきましては、SDアソシエーションのウェブサイト(https://www.sdcard.org)をご覧ください。

SDロゴはSD-3C LLCの登録商標です。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20200121005096/ja/

連絡先
報道関係者の方のお問い合わせ先
Kevin Schader
SDアソシエーション
+1 (925) 275-6670
media@sdcard.org

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

財経アクセスランキング

広告