対日理解促進交流プログラム「MIRAI・2019」Group 4(テーマ:法の支配 対象国:中央アジア・コーカサス地域)

プレスリリース発表元企業:株式会社JTB
対日理解促進交流プログラム「MIRAI・2019」Group 4(テーマ:法の支配 対象国:中央アジア・コーカサス地域)


外務省が推進する対日理解促進交流プログラム 「MIRAI・2019」の一環として、1月22日から1月29日まで、中央アジア・コーカサス諸国より若手実務者や学生32名が訪日します。
本招へいでは、東京都、京都府、広島県を訪問し「法の支配」をテーマに研修事業を実施します。東京都では、外務省、法律事務所、早稲田大学において本テーマに関する講義を聴講するほか、最高裁判所、東京地方裁判所の視察などを通じて日本の法制度や国際紛争処理について学びます。広島県では、広島平和記念資料館の訪問や被爆体験講話の聴講を通じて被爆の実相について理解を深めます。京都府では日本の歴史や伝統文化に触れる視察が予定されています。これらのプログラムを通じて、日本の法の支配に向けた取り組みへの理解を促進すると同時に、日本と中央アジア・コーカサス地域間の交流を深めることにより友好関係がより一層強化されることが期待されます。


外務省が推進する対日理解促進交流プログラム 「MIRAI・2019」の一環として、1月22日から1月29日まで、中央アジア・コーカサス諸国より若手実務者や学生32名が訪日します。

本招へいでは、東京都、京都府、広島県を訪問し「法の支配」をテーマに研修事業を実施します。東京都では、外務省、法律事務所、早稲田大学において本テーマに関する講義を聴講するほか、最高裁判所、東京地方裁判所の視察などを通じて日本の法制度や国際紛争処理について学びます。広島県では、広島平和記念資料館の訪問や被爆体験講話の聴講を通じて被爆の実相について理解を深めます。京都府では日本の歴史や伝統文化に触れる視察が予定されています。これらのプログラムを通じて、日本の法の支配に向けた取り組みへの理解を促進すると同時に、日本と中央アジア・コーカサス地域間の交流を深めることにより友好関係がより一層強化されることが期待されます。また、参加者一行が日本で得た経験や日本の魅力等を積極的に発信することが期待されます。


[参考]対日理解促進交流プログラム「MIRAI」

日本と欧州諸国の各国・地域との間で、対外発信力を有し将来を担う人材を招へいし、政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘し、日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し、我が国の外交基盤を拡充することを目指している。


[参考]欧州諸国(本グループ参加国)

アゼルバイジャン・アルメニア・ウズベキスタン・カザフスタン・キルギス・ジョージア・タジキスタン・トルクメニスタンの8ヵ国


<日程案>

1月22日(水)

【来日】


1月23日(木)

【オリエンテーション】

【テーマ関連講義】外務省

【参観】皇居・二重橋


1月24日(金)

【テーマ関連視察】最高裁判所、東京地方裁判所

【移動】京都府へ


1月25日(土)

【視察】金閣寺

【日本文化体験】

【移動】広島県へ


1月26日(日)

【視察】宮島・厳島神社

【平和学習】広島平和記念資料館、被爆体験講話、広島平和記念公園

【移動】東京都へ


1月27日(月)

【テーマ関連講義】法律事務所、早稲田大学


1月28日(火)

【ワークショップ】

【報告会】


1月29日(水)

【離日】



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース