2019-12-08 15:15:10

畠山愛理さんが「進む楽しさ」を全身で表現!マネースクエア新TVCM『進む人の資産運用』篇が公開

プレスリリース発表元企業:マネースクエア

2019年12月9日より放映開始。特設サイトではWEB30秒動画や限定メイキングムービーも公開中

FX・株価指数CFDによる資産運用サービスを提供する株式会社マネースクエア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井靖之、以下「当社」)では、元新体操日本代表でタレントの畠山愛理さんを起用した新CMを2019年12月9日(月)より放映開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/10316/18/resize/d10316-18-684198-2.png ]


元新体操日本代表フェアリージャパンの畠山愛理さんならではのアクションと「進む人の資産運用」というメッセージで、「楽しみながら資産も自分自身も成長させていく」という、当社が提供するFX、CFD投資の世界観を表現しました。

畠山さんは昨年のグラフィック広告に続く2回目のご出演となります。前回も柔軟でインパクトのある表現を披露いただきましたが、今回はそれを更にパワーアップ。コーポレートカラーである「スクエアブラウン」に彩られたミニマルな街並みを、軽快なBGMにのせて笑顔で進んでいく畠山さんの姿を通じて、当社の提供する「資産運用の楽しさ」に触れていただければと思います。


■TVCM概要
タイトル : マネースクエア「進む人の資産運用」篇 15秒
放映開始日: 2019年12月9日(月)~
放送エリア: 関東エリア ほか

【TVCM】(YouTube)

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=GAo6_hrNHzs ]



■特設サイトでは限定動画も公開
CM特設サイトではTVCM(15秒)のほか、特許取得済のオリジナル注文「トラリピ」の紹介を加えたWEB CMバージョン(30秒・3パターン)やグラフィックなどもご覧いただけます。また特設サイト限定の「メイキングムービー」も公開中です。

【「進む人の資産運用」CM特設サイト】
https://www.m2j.co.jp/sc/lp/promotion_1912/
[画像2: https://prtimes.jp/i/10316/18/resize/d10316-18-692147-1.png ]



■CM撮影時エピソード
その動きはしなやかで、ダイナミックで、それでいて繊細。
カメラの前の畠山さんの美しい動きに、撮影スタッフから思わず感嘆の声が上がりました。
撮影中も新体操選手としての視点から、ポーズや角度にも積極的にご意見をくださる畠山さん。
その表現力とプロフェッショナルとしてのこだわり、そして何より常に楽しそうに動きを追究する姿はまさに「進む人」。畠山さんからご提案いただいた動きを採用させていただき、当初の想定以上に素晴らしいシーンをつくりあげることができた今回のムービー。
12時間におよぶ撮影の最後のカットが終了すると、スタジオに自然と大きな拍手が起きました。


■CM出演者プロフィール
[画像3: https://prtimes.jp/i/10316/18/resize/d10316-18-297985-4.jpg ]


畠山愛理(はたけやま あいり)

6歳から新体操を始め、2009年12月、中学3年生の時に日本代表であるフェアリージャパンオーディションに合格。2012年ロンドン五輪、2016年リオデジャネイロ五輪に団体で出場を果たす。2015年の世界新体操選手権では、団体種目別リボンで日本にとって40年ぶりとなる銅メダルを獲得。また同年に開催されたミス日本コンテストにおいては、特別栄誉賞「和田静郎特別顕彰ミス日本」を受賞。
2016年の現役引退後は新体操の指導、講演、メディア出演、モデル業と活動の幅を広げ、注目を集めている。


■ 株式会社マネースクエア 概要
URL   :https://www.m2j.co.jp/
会社名  :株式会社マネースクエア(MONEY SQUARE, INC.)
本社   :東京都港区赤坂9丁目7番1号ミッドタウン・タワー40F
TEL   :(03)3470-5050  FAX(03)3470-5053
代表者  :代表取締役社長 藤井 靖之
設立   :2014年5月20日
資本金  :17億円(2019年3月31日現在)
事業概要 :第一種金融商品取引業(主に外国為替証拠金取引(FX取引)業


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■当社の資産運用サービスに関して
マネースクエアは、取引に時間をかけず、ミドルリスク・ミドルリターンを取り入れた中長期的な資産形成を目指すお客様層に対して、トラリピのテクノロジーと、そのテクノロジーを十二分に活かすための投資家教育の両方を差別化要因としながら、マーケットボラティリティを活用した資産成長の機会を提供する顧客本位のFintech(アセットマネジメントテック)企業として、より豊かな社会づくりに貢献します。トラリピが使えるのはマネースクエアだけです。

・当社のご提供する資産運用・FXサービスに関するより詳しいご説明はこちら
https://www.m2j.co.jp/sc/lp/refx/
[画像4: https://prtimes.jp/i/10316/18/resize/d10316-18-881208-5.png ]


■トラリピ(R)(トラップリピートイフダン(R))につきまして
当社の約75%(※1)のお客様が利用している、特許取得済のオリジナル注文方法です。
時間や手間はかけない、でもしっかり運用できる「時間を資産に変えるテクノロジー」として、おかげさまで多くのお客様よりご支持をいただいております。

いくつもの注文を、罠を仕掛けるように等間隔にまとめて設定する「トラップ注文」、決済成立後、注文を何度もくり返す「リピート注文」、「もし●円で買えたら▲円で売って」というセットの注文を設定する「イフダン注文」の3つのしくみをまとめた注文です。
正式名称は「トラップリピートイフダン」、略して「トラリピ」の愛称でお客様に親しまれております。

為替相場の上がる・下がるを的中させるのではなく、トラリピは「このくらいの範囲で相場が動きそう」と予想するところにいくつもの罠(トラップ)を仕掛けていきます。一度設定をしてしまえば、あとはリピート機能が自動で売買をくり返すのでわずらわしい再発注の手間がかかりません。
(※1)トラリピ利用率 計算期間:2016年4月1日~2017年3月31日。計算方法:期間中トラリピ注文が新規成立された口座数÷期間中新規成立注文のあった口座数(74.39%)

【動画:90秒でわかる 時間を資産に変えるテクノロジー「トラリピ」】
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=EI7z-rHY9ig&feature=youtu.be ]


------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■お取引に関しての注意事項
取引開始にあたっては契約締結前書面をよくお読みになり、リスク・取引等の内容をご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願いいたします。
当社の店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引は、元本および収益が保証されているものではありません。また、取引総代金に比較して少額の資金で取引を行うため、取引の対象となる金融商品の価格変動により、多額の利益となることもありますが、お客様が差し入れた証拠金を上回る損失が生じるおそれもあります。また、各金融市場の閉鎖等、不可抗力と認められる事由により店頭外国為替証拠金取引や取引所株価指数証拠金取引が不能となるおそれがあります。
店頭外国為替証拠金取引における取引手数料は無料です。
取引所株価指数証拠金取引における委託手数料は注文が成立した日の取引終了後の値洗い処理終了時に証拠金預託額より、新規および決済取引のそれぞれに徴収いたします。手数料額は、通常 1 枚あたり片道 303 円(税込)です(ただし、建玉整理における委託手数料は無料です)。
当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。流動性が低くなる場合や、天変地異または戦争等による相場の急激な変動が生じた場合、スプレッドが広がることがあります。
店頭外国為替証拠金取引に必要な証拠金額は、個人のお客様の場合、取引総代金の 4%です。法人のお客様の場合、取引総代金に、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの証拠金率(為替リスク想定比率)を取引の額に乗じて得た額となります。為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。なお、証拠金率(為替リスク想定比率)は変動いたします。取引所株価指数証拠金取引に必要な証拠金額は、商品ごとに当社が定める 1 枚あたりの必要証拠金の額に建玉数量を乗じる一律方式により計算されますが、1 枚あたりの必要証拠金額は変動いたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告