京都の魅力を豪華ゲストらと共に紹介するグラフ誌「きょうとシティグラフ2019」を発行 

プレスリリース発表元企業:京都市総合企画局市長公室広報担当
表紙

イントロ部分_1

イントロ部分_2

京都市では、京都のまちやひとの魅力を紹介するグラフ誌「きょうとシティグラフ」を2019年10月15日の京都市自治記念日に併せて発行いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194705/LL_img_194705_1.jpg
表紙

「きょうとシティグラフ」: https://kyotocitygraph.city.kyoto.lg.jp


■「きょうとシティグラフ」について
「きょうとシティグラフ」は、京都の魅力と市政の取り組みを紹介するために、年1回京都市が発行しています。
この度発行する「きょうとシティグラフ2019」のテーマは「未来へ響く 京の新時代」。
令和時代の幕開けを飾る今年は、京都という豊かな土壌から生まれる新たな魅力を、美しい写真の数々と共にご紹介。多様性に富み、進化し続ける京都の“今”を取材し、まだ見ぬ未来への可能性をリアルに実感していただけるグラフ誌に仕上げました。

俳優・西村和彦さん×聖護院八ッ橋総本店・鈴鹿可奈子さん×門川大作市長の鼎談のほか、歌手デビュー20周年を迎えた歌手・倉木麻衣さんや、京都が舞台のアニメーション映画『HELLO WORLD』(公開中)で共演の俳優・北村匠海さんと女優・浜辺美波さんのインタビューなど、読み応えのある企画を多数盛り込んでいます。
「KYOTO CITY NEWS(市政要覧)」では、京都市の1年間の取り組みをイラストや写真を交えてわかりやすく紹介しています。


■「きょうとシティグラフ」関連URL
Webサイト: https://kyotocitygraph.city.kyoto.lg.jp
Facebook : https://www.facebook.com/kyotocitygraph/
Twitter : https://twitter.com/kyotocitygraph/
Instagram: https://www.instagram.com/kyotocitygraph/


■主な掲載記事
・プロローグ「未来へ響く 京の新時代」
(新たな魅力を生み出す京都の“今”を写真で紹介)

・鼎談
(俳優 西村和彦さん×聖護院八ッ橋総本店 鈴鹿可奈子さん×京都市長 門川大作)

・インタビュー
(歌手 倉木麻衣さん、俳優 北村匠海さん/女優 浜辺美波さん)

・都の風 -新時代のキーパーソン-
(パナソニックデザイン本部 臼井重雄さん、京都大学大学院地球環境学堂 浅利美鈴さん、千家十職茶碗師 樂直入さん/十六代 樂吉左衞門さん)

・京都、新時代へ、KYOTO CITY NEWS など


■媒体概要
名称 : きょうとシティグラフ2019
仕様 : A4サイズ/オールカラー
定価 : 無料
発行 : 2019年10月15日(京都市の自治記念日)
配布先 : 京都市役所、区役所・支所
各図書館などの公共施設 ほか
詳細URL : https://kyotocitygraph.city.kyoto.lg.jp

※ 郵送希望の方は、「シティグラフ希望」と明記した封筒に、住所氏名を記載して郵便切手(1部 215円)を貼った角2(A4サイズの冊子が入る)封筒を同封して、〒604-8571(住所記載不要)京都市広報担当へ送付。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース