2019-10-15 10:00:00

陶板壁材「スーパートライ Wall」ランダムな大柄が特徴の新色追加のお知らせ

プレスリリース発表元企業:株式会社鶴弥
水面(みなも)(茶)

水面(みなも)(白)

粘土瓦メーカー 株式会社鶴弥(愛知県半田市、代表取締役社長:鶴見 哲)は、当社製品の陶板壁材「スーパートライ Wall」におきまして、カラーバリエーションに2種類の新色を追加することとなりましたので、下記の通りお知らせ致します。


1. 対象製品名
「スーパートライ Wall」


2. カラーバリエーションへ新色の追加
高い耐久性を持つ壁材として好評を頂いている「スーパートライ Wall」に、焼き物ならではのランダムな大柄が特徴の新色が加わります。
従来の9色展開に、「水面(みなも)(茶)」「水面(みなも)(白)」の2色を追加し、全11色のカラーバリエーションとさせて頂きます。
なお、今回はプレーン柄のみの対応となります。ワイドボーダー柄、ディープボーダー柄は従来通り4色展開とさせて頂きますので、ご了承下さい。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195902/LL_img_195902_1.jpg
水面(みなも)(茶)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195902/img_195902_2.jpg
水面(みなも)(白)

3. 実施日
上記新色(柄:プレーン)は10月15日より発売とさせて頂きます。
※受注生産となります(納期目安30日間)


4. 本件製品の詳細に関するお問い合わせ先
営業企画室 陶板推進担当
TEL : 0569-29-4699
FAX : 0569-28-5566
E-mail: eigyou-kikaku@try110.com


<参考資料>
プレスリリース https://www.atpress.ne.jp/releases/195902/att_195902_1.pdf


<参考情報>
【株式会社鶴弥とは】
創業から130年以上にわたり、粘土瓦の製造・販売を行い、防災瓦「スーパートライ110」を主軸に活発な新製品投入を続ける粘土瓦業界のトップメーカー。
市場ニーズに対応した「スーパートライ110 タイプI Plus」や、粘土瓦製造技術を生かした陶板壁材「スーパートライ Wall」を開発するなど、常に新たな挑戦を続けている。


【会社概要】
会社名 : 株式会社鶴弥
代表者 : 代表取締役社長 鶴見 哲
資本金 : 2,144百万円
売上高 : 8,299百万円(2019年(平成31年)3月期)
上場 : 東証2部、名証2部(証券コード:5386)
創業 : 1887年(明治20年)
設立 : 1968年(昭和43年)2月
所在地 : 〒475-8528 愛知県半田市州の崎町2番地12
TEL : 0569-29-7311(代表)
URL : http://www.try110.com
YouTube : http://www.youtube.com/user/try110com
事業内容: 1. 粘土瓦の製造および販売
2. 屋根工事の請負および施工
3. 陶板壁材の製造および販売
4. 建築資材の開発および販売
5. 金型の設計、製作、加工、保守および販売
6. 前各号に付帯関連する一切の事業


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース