ソニー、21:9シネマワイド(TM)のコンテンツ体験を、ハンドフィットサイズに凝縮 フラッグシップレンジスマートフォン『Xperia 5』をNTTドコモより発売

プレスリリース発表元企業:Sony Corporation

TOKYO, Oct 11, 2019 - ( JCN Newswire ) - ソニーは、新たにフラッグシップレンジに加わるスマートフォン『Xperia 5』を開発しました。『Xperia 5』は、ソニーの技術を結集したフラッグシップスマートフォン『Xperia 1』の体験を、本体幅約68mmのハンドフィットサイズに凝縮したモデルです。本商品は、株式会社NTTドコモより11月1日に発売します※1。

『Xperia 5』はHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応し、映画とほぼ同じアスペクト比の21:9※2、約6.1インチ フルHD+(2,520×1,080ピクセル)有機ELディスプレイを搭載。持ちやすさと使いやすさを追求した本体幅約68 mmのスリムなデザインと、『Xperia 1』比で約14g軽量化したボディに21:9シネマワイド(TM)の体験を凝縮しています。本体は高強度なCorning(R) Gorilla(R) Glass 6とメタルフレームの異素材を一体感のある光沢で仕上げ、エレガントなカラーを組み合わせることで、一枚板のようなシームレスな美しさを演出しています。

メインカメラには有効画素数約1220万画素のイメージセンサーと、光学式(OIS)手ブレ補正に対応したトリプルレンズカメラを搭載。ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα(TM)で培ったアルゴリズムにより、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にも対応します。また、52mm(F2.4)の望遠レンズ、焦点距離26mm(F1.6)の標準レンズ、16mm(F2.4)の超広角レンズ(35mm換算)を自在に切り替えてクリエイティブな撮影を実現するほか、映画のような質感や色表現でクリエイティブな撮影体験を楽しめる「Cinema Pro(シネマプロ)」も搭載。さらに、撮影時の指かぶりや目つぶりなどをお知らせする「撮影アドバイス」機能を新搭載します。

ディスプレイには、ブラビア(R)で培った高画質化技術「X1(TM) for mobile」によりSDR(スタンダードダイナミックレンジ)映像コンテンツをHDR相当の画質で美しく表示する「HDRリマスター」を搭載。インターネット上の映像も高精細に視聴できます。さらに、クリエイターが意図した映像表現を再現する「クリエイターモード」にも対応します。

このほか、レコーディング機能などを拡充させた「ゲームエンハンサー」により、21:9※3の没入感あるゲームプレイと快適な操作を実現。また、Qualcomm社製のQualcomm(R) Snapdragon(TM) 855 Mobile Platformを搭載します。さらに、ソニーのディープラーニングを活用した「スマートコネクティビティ」機能を新搭載。不安定なWi-Fi接続を予測すると自動的にLTEに切り替えて最適な通信環境を保ちます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201910/19-103/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース