東南アジア地域におけるNTTグループの国際海底ケーブル事業を加速する戦略的合弁会社を設立

プレスリリース発表元企業:NTT Ltd.

NTT Limitedグループ(以下「NTT Ltd.」)は、経済成長著しい東南アジア地域での通信需要への対応と同事業のさらなる強化に向けて、同地域の国際海底ケーブル事業を担う戦略的合弁会社を株式会社海外通信・放送・郵便事業支援機構(以下「JICT」)とWEN Capital Pte. Ltd.(以下「WEN」)とともにシンガポールに設立します。

1. 背景
東南アジア地域の目覚ましい経済成長や、スマートフォンの急速な普及、グローバルなデータセンター間の通信の増加により、国際通信トラフィックは拡大を続けています。こうした旺盛な需要を背景に、お客様から寄せられる迅速かつ柔軟な通信量の拡大要望に応えるため、NTT Ltd.の国際海底ケーブル事業は、さらに投資を拡大していく重要な事業領域になってきています。

2. 目指す方向性
国際海底ケーブル投資の意思決定の迅速化や、投資規模の拡大、企画から建設、販売までの期間短縮を目指すため、国際海底ケーブルの敷設保守運用の実績を持つWEN及び投資ファンドであるJICTとともに、合弁会社を設立いたします。

NTT Ltd.は、本合弁会社を通じて国際海底ケーブル事業展開を加速し、お客様が求めるサービス規模と提供スピードにお応えしていくとともに、一気通貫の提供体制による更なるサービス品質向上を実現します。


◆会社概要
会社名 : Orient Link Pte. Ltd.,
所在地 : シンガポール
資本金 : 119百万米ドル
代表者名: 佐藤 吉雄
事業概要: 国際海底ケーブルの建設、販売および保守運用


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース