大阪の金属塗装会社が実践する“働き方改革”!男性中心だった現場を、多様な人がしなやかに活躍できるよう組織をフラット化、元パート主婦を入社1年半で経営チームに抜擢

プレスリリース発表元企業:永和工芸株式会社
大阪の金属塗装会社が実践する“働き方改革”!男性中心だった現場を、多様な人がしなやかに活躍できるよう組織をフラット化、元パート主婦を入社1年半で経営チームに抜擢

大阪の金属塗装会社が実践する“働き方改革”!男性中心だった現場を、多様な人がしなやかに活躍できるよう組織をフラット化、元パート主婦を入社1年半で経営チームに抜擢


改革のきっかけは、一人のパートタイマーだった女性でした。「働く人が不満を持っている今の状況を改善し、この会社を変えたい」という強い意欲を買い、正社員に登用。今では経営チームの一員として活躍しています。女性ならではの柔軟な発想で、秋からは新規にカフェ事業をスタートすることになりました。

金属塗装の老舗である永和工芸株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:松本悦典)は、主婦や女性など多様な人材がやりたいことを表現できる職場を目指し、フラットな組織で会社を動かせる仕組みの構築に取り組んでいます。その一環として、クラウドファンディングサイトFAAVOにて支援を募り、金属塗装をモチーフにしたカフェ「Café SaCueva(カフェ サクエバ)」を2019年10月1日(火)にオープンします。


▼「永和工芸株式会社」公式サイト:http://kinzokutoso.com


▼ 大阪の町工場が創る最高傑作のカフェ|FAAVO:https://faavo.jp/osaka/project/3828


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjYzMyMyMjU0NzEjNjI2MzNfZ3lqVFJ0UWFWVy5KUEc.JPG ]

7月13日から15日の3日間、カフェの内装をDIYで行うというイベントを行ったところ滋賀や神戸など遠方からから3日間延べ20名程度のDIYの達人たちが集まってくれました。写真は3日目の最後です。


■“3K”と呼ばれる金属塗装業で、女性や多様な人材の働きやすさを追求

永和工芸は、1958年に大阪市住吉区にて創業し、1988年に大阪市の東端である平野区の現在の場所に移転しました。金属塗装の仕事は俗に“3K” (きつい・汚い・危険)と呼ばれる作業が中心であることから、長い間オペレーションの中心は男性で、女性はパートで働く主婦がメインでした。


しかし、今後の会社の発展には、女性の活躍や働き方改革が欠かせないと考え、3代目社長である現代表が方向を転換。フラットで自由度の高い環境で各人が生き生きと働けるステージを作ることにより、これまで男性優位であった会社において、多様な属性の人たちが活躍できる可能性を育むことを決断しました。


■フラットな会社組織作りを目指した班制度、班長は経営にも参画

永和工芸が目指すのは、限りなくフラットな会社。役割ごとに4つに分かれた班はそれぞれが工程順に仕事を送っていき、円を描いたような形の組織図が特徴です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjYzMyMyMjU0NzEjNjI2MzNfZVBaRkJyeWNMcS5kb2N4.docx ]


代表取締役のもと、会社を動かすメンバーは4人の班長。班長は実質経営幹部であり、会社の計画・方針の作成に携わることができます。班長には現場メンバーからステップを一段上がればなることができ、本人のやる気と努力次第では、1年ほどで経営に関わる立場になることも可能です。班長は、実務にあたりながら経営の勉強ができる環境にあるのが強み。そこで学んだことを自分のやりたいことに繋げていくことができます。また、優秀な経営能力を身につけた場合は、子会社の経営を任せることも視野に入れています。


班長制度は柔軟度が高く、一度班長になってからも希望に応じて降りることも可能。個人が望むライフスタイルに合わせたキャリアを作れるよう、それぞれのライフプランの実現をサポートします。


■経営チームを引っ張る元パート主婦が、塗装業の枠を飛び越えカフェ開業を目指す

多様な人材の自由な働き方を追求する一環として、新たにカフェ事業へのチャレンジを決定。考案したのは、「働く人が不満を持っている現状を改善し、会社を変えたい」という強い意欲が認められ、パートから正社員に登用された女性です。現在は班長を務め、経営チームの一員として活躍しています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MjYzMyMyMjU0NzEjNjI2MzNfb2dxSkNMZmdDUi5KUEc.JPG ]


町工場の空きスペースを活用しカフェにするという、金属塗装会社としては非常にめずらしい取り組みを実現すべく、クラウドファンディングに挑戦。100万円を目標に8月末まで開業資金を募ってまいります。


店の名前は、「Café SaCueva(カフェ サクエバ)」。フランス語の“秘密”とスペイン語の“洞窟”をつないだ造語です。多くの人々が集う“秘密の洞窟”のような存在になりたいという思いを込めました。オープン予定日は、10月1日(火)。県外からでも来てもらえるような大阪・平野のスポットになることを目指します。


<クラウドファンディングプロジェクト概要>

プロジェクト名:大阪の町工場が創る最高傑作のカフェ

期間:8月31日(土)まで

URL:https://faavo.jp/osaka/project/3828


【永和(えいわ)工芸株式会社について】

本社:〒547-0027 大阪府大阪市平野区喜連5-5-60

代表者:代表取締役社長 松本悦典

設立:1958年12月

電話番号:06-6709-2349

URL:http://kinzokutoso.com

事業内容:

・金属塗装

・塗装前処理

・亜鉛メッキおよび後処理

・塗膜剥離





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:ValuePress!

スポンサードリンク