獣医診断の市場規模は、2026年に39億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-08-02 10:00:00

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「獣医診断の世界市場 (~2026年):製品 (機器・消耗品)・技術 (免疫診断 (ラテラルフロー・ELISA)・臨床生化学・PCR・血液・尿検査)・動物 (犬・猫・牛・豚・家禽・馬)・エンドユーザー・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月30日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1010087-veterinary-diagnostics-market-by-product.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/323/resize/d71640-323-17c4fcc7ba7681861d85-0.png ]


獣医診断の市場規模は、2021年の25億米ドルからCAGR9.4%で成長し、2026年には39億米ドルに達すると予測されています。これは、コンパニオンアニマルの増加、人獣共通感染症の増加、動物由来の食品需要の増加、ペット保険需要の増加、動物医療費の増加、先進国における獣医師数や所得水準の増加などが主な要因となっています。 一方で、ペットケアコストの上昇が市場全体の成長を抑制すると予想されます。現在、特に発展途上国においては、熟練した獣医師や診断インフラが不足していることが、高度な診断ソリューションの導入を制限する大きな要因となっています。また、先進的な診断検査の高コストも、その普及を妨げる要因となっています。

COVID-19が獣医診断市場に与える影響

COVID-19が発生して以来、複数の国で人間以外の動物へのSARS-CoV-2の感染が報告されています。家畜は人間のようにCOVID-19に感染することはありませんが、自然環境下では、COVID-19陽性の人とペットの犬、猫、フェレットなどが、密接かつ長期的に接触することで感染する可能性が報告されています。しかし、ネコ、イヌ、フェレットなどや家畜が、自然環境下でSARS-CoV-2を、ヒトを含む他の動物に感染させるという有力な証拠は今のところありません。一方、世界中でCOVID-19の流行が増加していることから、ヒトや動物に対する検査量は増加し続けています。このため、市場のプレイヤーや基準検査機関は、新しく改良された動物用検査の開発を求めています。

牽引要因:コンパニオンアニマルの増加

世界的に見て、コンパニオンアニマルの飼育数が急増しています。いくつかの研究によると、コンパニオンアニマルを飼うことは、不整脈の減少、血圧の正常化、不安の減少、心理的安定、幸福感の向上など、健康面でのプラスの効果があるとされています。ペット人口の増加は、ペットケア製品やサービスの需要を促進し、それが獣医診断などの関連産業の成長を支えると予想されます。

米国世帯の67%がペットを所有していると推定されます。2018年には、約6340万世帯が犬を、約4270万世帯が猫を、約160万世帯が馬を所有していました。欧州ペットフード産業連盟(FEDIAF)によると、2019年のイヌの飼育数は8750万匹、ネコの飼育数は1億640万匹でした。


抑制要因:ペットケアコストの上昇

ペット保険市場は拡大していますが、治療の対象となる動物の数はまだ非常に少ないのが実情です。そのため、一般的には動物の飼い主が治療費の大部分を負担しています。また、ペット保険の増加に伴い、動物病院の治療費は著しい成長率で上昇しています。また、ペットのケアのために獣医の専門家に相談する回数が増えていることも、ペット医療費の増加の要因となっています。さらに、他の高度な学位を持つ職業に比べて、獣医の収入が低いことが、料金の値上げを迫る要因となっています。ペットの医療費は、飼い主が動物病院を訪れる回数に比例し高額となり、そのことが同市場の成長を抑制しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1010087-veterinary-diagnostics-market-by-product.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

PR TIMESプレスリリース詳細へ