コージェネレーション機器市場、2021年から2026年にかけて9.20%のCAGRで成長見通し

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-07-30 12:00:00

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「コジェネレーション (熱電併給) 装置市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月29日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988441-cogeneration-equipment-market-global-industry.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/318/resize/d71640-318-733c58f28877dffb7714-0.jpg ]


市場の概要
コージェネレーション機器市場は、2020年に212億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に9.20%のCAGRで成長すると予想されています。

コージェネレーション(熱電併給)機器は、1つの燃料源から熱エネルギーと電気エネルギーを同時に生産するために使用されます。これらの燃料源には、天然ガス、バイオマス、木材、石炭、廃熱、石油などがあります。コージェネレーション機器には、ガスタービンや蒸気タービン、発電機、熱回収システムなどがあり、ファンやポンプ、冷蔵庫、除湿機、スチーマーなどの機器や機械に電力を供給します。この機器は、他の従来のシステムに比べて効率的に働き、二酸化炭素排出量も少なくて済みます。例えば、精米のための機械的エネルギーと籾の乾燥のための熱を必要とする精米所では、コージェネレーションシステムにより、籾殻などの廃棄物を燃料の代わりに使用して、必要なエネルギー出力を同時に得ることができ、燃料消費量を大幅に削減することができます。

市場の動向及び成長要因
世界的なエネルギー需要の高まりが、市場成長の主な要因となっています。停電が頻繁に発生し、電力不足が深刻化していることから、一貫して途切れることなく持続可能な発電・供給源となるシステムの開発プロセスが始まっています。さらに、産業用、家庭用、中小企業用の各分野でマイクロCHPシステムが広く採用されていることや、天然ガスが豊富に入手可能であることから価格が低下していることも、この機器の需要にプラスの影響を与えています。また、先進国および新興国の政府が、クリーンで再生可能な効率的なエネルギーの生産を重視するようになったことも、この市場を後押ししています。また、様々な技術革新も市場の成長を促しています。例えば、3連式や4連式の発電システムを導入することで、3つ以上のエネルギーを同時に生成することが可能になり、より優れた効果的なエネルギー変換を実現しています。

主要な市場区分
世界のコージェネレーション機器市場は、燃料、容量、技術、用途、地域に基づいて分類されています。

燃料別の内訳は以下の通りです。
天然ガス
バイオマス
石炭
その他

容量別の内訳は以下の通りです。
30MWまで
31MW-60MW
61MW-100MW

技術別の内訳は以下の通りです。
往復動エンジン
蒸気タービン
コンバインドサイクルガスタービン
ガスタービン
その他

用途別の内訳は以下の通りです。
商業用
産業用
住宅

地域別の市場区分は以下の通りです。
アジア太平洋
ヨーロッパ
北アメリカ
中近東・アフリカ
ラテンアメリカ

市場の競合状況
コージェネレーション機器市場における主要な企業としては、川崎重工業株式会社、Bosh Thermotechnology Limited、Innovative Steam Technologies、Clarke Energy、三菱重工業株式会社、Foster Wheeler AG、ANDRITZ Energy & Environment GmbH、Siemens AG、2G Energy Inc.、ABB Group、Aegis Energy Services, Inc.、BDR Thermea、Baxi Group、Capstone Turbine Corporation、Rolls Royce Plcなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988441-cogeneration-equipment-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

PR TIMESプレスリリース詳細へ