株式会社ライオニス、クラウド監視カメラ「TOASTCAM」を提供開始 IoTとの連携でセキュリティ・防犯対策と室内環境の管理が可能

プレスリリース発表元企業:株式会社ライオニス

配信日時: 2021-07-15 10:45:00

TOASTCAM(トーストカム)とは?

TOASTCAMが選ばれる理由

統合モニタリングサービス:クラウドモニター

世界の最新ソリューションを日本でサービス展開する株式会社ライオニス(東京都江東区、代表取締役社長:ホ ソンウク、 https://www.lionice.co.jp/ )は、クラウド型監視カメラ「TOASTCAM (トーストカム)」を提供開始したことを発表します。24時間クラウド上に保存される映像を確認できるクラウド型カメラ機能に加え、IoTと連携することでセキュリティ・防犯対策から環境管理まで可能になります。

サービス名:クラウド監視カメラ「TOASTCAM」

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/267391/LL_img_267391_1.jpg
TOASTCAM(トーストカム)とは?

「TOASTCAM」は、24時間遠隔監視(リアルタイム・録画再生)するとともに映像はクラウド上に保存され、スマートフォンやパソコンから確認可能なクラウド監視カメラです。SDカードは不要で、撮影された映像は7~180日までクラウド上に暗号化された上で、3つのサーバーに安全に分散保存されます。監視カメラの機能に加え、「開閉」、「モーション」、「湿温度」の3つのセンサーを活用し、IoTとの連携で室内の温度・湿度、人の出入りなど、室内環境までリアルタイムでモニタリングすることが可能になります。
また、動き、音声など、「イベント」が検知されるとプッシュ通知されるため、すべての過去映像を確認しなくても、イベントが発生した部分だけを確認でき、迅速な対処が可能です。
すでに企業のオフィス、店舗、病院などの施設、工場、倉庫などのほか、家庭用としても数多くの導入実績があります。


クラウド監視カメラ 「TOASTCAM」の特長は以下の通りです。
・24時間の防犯・監視映像をカメラから直接クラウド上に保存
・録画保存期間:7~180日
・レコーダー・専用サーバーが不要
・リアルタイムで映像と録画映像をスマートフォン/パソコンから確認可能
・IoTとの連携:開閉センサー、温度・湿度センサー、モーションセンサー
・双方向オーディオ機能(対応機種:V2, V4pro)
・複数のカメラを一元管理可能
・「モーション」(動き)/「サウンド」(音声)を検知、通知機能
・通知エリア設定機能
・簡単に録画映像をダウンロード・共有可能
・強固なセキュリティ:各映像を暗号化し、ストレージ三重分散保存。
・高画質:200~800万画像・解像度1920 X 1080

<クラウド管理型監視カメラ「TOASTCAM」に関するURL>
https://www.lionice.co.jp/toastcam

<各種資料請求&お問い合わせについて>
https://www.lionice.co.jp/contact


■会社概要
社名 : 株式会社ライオニス
設立 : 2019年7月1日
代表者: 代表取締役社長 ホ ソンウク
所在地: 〒135-0016 東京都江東区東陽4-3-1 東陽町信栄ビル4階
URL : https://www.lionice.co.jp/


■サービスまたはリリースに関するお問い合わせ先
株式会社LIONICE
E-Mail: contact@lionice.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press