果糖の市場規模、2026年に61億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-21 18:00:00

果糖の市場規模、2026年に61億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「果糖の世界市場 - 業界分析と予測:2020年~2026年」(KBV Research)の販売を6月18日より開始いたしました。

果糖の市場規模は、2020年~2026年にCAGR8.2%で成長し、2026年には61億米ドルに達すると予測されています。果糖は甘味料の一種であり、主に食品や飲料の分野で利用されています。果糖の最も明確な形態は、トウモロコシや砂糖の加工によって得られ、食品・飲料業界で広く利用されており、過去10年間、加工食品産業において重要な役割を果たしてきました。

他の外部甘味料と比較して、果糖は害が少なく、ノンカロリーの精製物質として奨励されています。市場に出回っている果糖には、一般的に結晶果糖と呼ばれる透明なものと、果糖とブドウ糖を混合した果糖ぶどう糖液糖があります。純粋な果糖は、食感や品質を向上させ、香りを付加するため、焼き菓子に広く利用されています。

低糖分、低脂肪、低カロリーの加工食品への需要の高まりが、この業界の成長を後押しすると予想されます。果糖は、化学式はグルコースと同じですが、分子構造が異なる単糖類です。果物、野菜、蜂蜜、一部の植物には、天然の果糖が含まれています。果糖は、食品や飲料の品質、味、食感を向上させるために利用されています。さらに、テーブルシュガーと比較してGI(グリセミック・インデックス)が低いため、需要が高まると考えられます。

製品別見通し

市場は製品別に、高果糖コーンシロップ、果糖シロップ、果糖固形物に分類されます。2019年は、高果糖コーンシロップが高いシェアを占めました。この製品は、食品や飲料の質感、色、品質、風味を改善する汎用性の高さから、ますます支持を集めています。また、製造企業は、高果糖コーンシロップが液体であることから、他のカロリー甘味料に比べて製造プロセスが容易でコストが低いことに注目しています。例えば、清涼飲料水に果糖ぶどう糖液糖ではなく砂糖を使用すると、コストが2倍になります。


用途別見通し
市場は用途別に、飲料、加工食品、乳製品、ベーカリー・シリアル、菓子、その他に分類されます。今後は、加工食品用途が最も高いCAGRを示すと予想されます。これは、技術開発が進み、加工食品に対する需要が高まっていることが要因と考えられます。パッケージ化された食事、スナック、デザートの増加は、食品および飲料用途における果糖の需要を促進すると予想されます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv988469-global-fructose-market-by-product-by-application.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
 


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress