~衣装や楽曲と調和した演技の世界観を彩る、耐水性が高いメイクアップを提案・指導~ コーセー、アーティスティックスイミング日本代表「マーメイドジャパン」の選手にメイク講習会を開催

プレスリリース発表元企業:株式会社コーセー

配信日時: 2021-06-08 15:03:17



 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、アーティスティックスイミング日本代表「マーメイドジャパン」の選手へのメイク講習会を2021年6月7日に開催しました。メイクアップアーティストの石井勲(以下、石井)が、選手9名に向けて、衣装や楽曲に合わせ開発した演技を彩るメイクアップを披露し、選手自身の手で仕上げられるように指導を行いました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-985357-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-291422-1.jpg ]

 当社は、2006年4月に日本水泳連盟のアーティスティックスイミング日本代表「マーメイドジャパン」のオフィシャルスポンサー契約を締結して以来、定期的にメイク講習会を開催し、演目に相応しいメイク表現や、水中の激しい演技でも崩れることのないメイクテクニックを指導することで、選手が安心して演技に集中できるようサポートをしています。アーティスティックスイミングは、選手の“シンクロした”美しい演技で競われることから、その衣装や楽曲に合わせた世界観をメイクでも表現できるよう、スキンケアのアドバイスから、メイクデザイン考案、選手自身で大会用のメイクができるようにするための指導までを、当社が担当しています。

 メイクアップには、発色がよく耐久性に優れた当社のメイクアップブランド『ファシオ』をはじめ、『マキエクスペール』など、汗や水に強いウォータープルーフの技術を採用した、市販の商品のみを使用。専用の化粧品を使わずとも、塗布の仕方や組み合わせ方を工夫することで、水中で激しく動いても落ちないメイクに仕上げることが可能です。また目もとには、豊富なカラー展開の『ヴィセ』や『アディクション』のアイシャドウを組み合わせ、華やかに仕上げました。

[画像3: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-158275-2.jpg ]

 講習会では、石井のレクチャーを受け、選手自身の手でメイクを施した後、選手が一列に並び、審査員席からの距離を想定した位置から全員が同じような顔立ちに見えるかどうかを、井村ヘッドコーチと石井で確認。出来上がったメイクと、実際の水着の色とのバランスや見え方と照らし合わせながら、選手の個々の顔立ちや肌の色に応じて、眉の形・アイラインの太さや長さを個別に調整し、細かい色味やニュアンスを改良しました。

 今回は、チームテクニカルルーティンのテーマ「空手」、チーム フリールーティンのテーマ「祭り」、デュエット テクニカルルーティンのテーマ「くのいち」、デュエット フリールーティンのテーマ「ロボット」のメイクアップ指導を行いました。

 「空手」では、「ヴィセ アヴァン リップ&アイカラーペンシル」の001(白)と009(赤)と、「ファシオ リキッド アイライナー」を使用し、“空手”の世界観を表現した勢いのある力強い目もとを演出しました。白・赤・黒の3色のラインのコントラストを井村ヘッドコーチと細かく調整しました。

 当社は、化粧品を通じて美を提供する企業として、スポーツシーンにおける健康的な美しさや、“美”を競う競技に着目し、スポーツをするときでも美しくありたいと願う人々を様々な面から応援するとともに、芸術性の高いスポーツを中心に、その振興の支援に取り組んでいます。

 今後も世界を舞台に輝く選手をより積極的にサポートし、スポーツの発展を支援していきます。

インタビュー 

動画URL:https://youtu.be/u_ADedLO5uA

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=u_ADedLO5uA ]



■井村 雅代ヘッドコーチからのコメント

[画像4: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-576206-3.jpg ]


 演技中は審査員から遠くはなれたり、近くにいったり、テレビにアップで映ることもあります。どこから見ても華やかで美しくかつ好感がもてるメイクを石井さんにもリクエストしました。メイクもアーティスティックスイミングと同じで、“細かいところへのこだわり“が大切ですので、選手へは自分を綺麗に見せるために丁寧にメイクをしましょうと伝えました。素敵なメイクは本当にその作品自体を輝かせてくれます。


■乾 友紀子選手・吉田 萌選手からのコメント

[画像5: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-276885-4.jpg ]


 今回のメイクのポイントは、桜の花びらをイメージした目元のグラデーションです(乾選手)。どの種目も目力を強くみせるためラインやシャープな線を取り入れているので注目してほしいです(吉田選手)。井村ヘッドコーチからも、細かいラインを綺麗にとアドバイスをもらったので、このメイクを再現できるように、技術を磨いていきます。今日の出来栄えはまだ30点ですが、当日は100点にしたいです!(乾選手・吉田選手)


■メイクアップアーティスト 石井勲のコメント

[画像6: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-892368-5.jpg ]


 演技に合わせてメイクも“シンクロ”させるため、テーマや水着との調和や、遠目から見た時にそれぞれの選手に合ったメイクになっているかをいつも意識しています。顔立ちや骨格に合わせて、アイラインの長さやアイカラーの入れ方まで、井村ヘッドコーチと細かく調整します。強弱や角度も全て変わってくるため、本当に造形学だと思っており、日々研究をしています。


当社のスポーツ振興への取り組み

 当社は、人々のQOL向上に役立てるため、健康的な日常生活に重要な「スポーツ」の振興支援に取り組んでいます。中でも「美」「芸術性」「ファッション性」になどの要素を含む、各種スポーツ競技において、美を創造する化粧品企業として、競技団体や選手個人への協賛や支援を、さまざまな側面から継続的に行っています。

・2006年~   (財)日本スケート連盟とオフィシャルスポンサー契約
・2006年~   (財)日本水泳連盟のアーティスティックスイミング日本代表「マーメイドジャパン」とオフィ  
         シャルスポンサー契約
・2012年~   国際スケート連盟とオフィシャルパートナー契約
・2016年~   女子プロゴルファー(選手個人)の支援
・2018年~   公益財団法人全日本スキー連盟(SNOW JAPAN)とオフィシャルスポンサー契約
・2019年~   特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟と連盟初のゴールドパートナー契約
・2020年~    プロダンスリーグ「D. LEAGUE」(2021年1月10日より開幕)へKOSÉ 8ROCKSとして参画
        公益社団法人日本ダンススポーツ連盟が運営するブレイクダンス本部へ協賛


[画像7: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-775245-7.jpg ]

 当社は、今後も様々な角度からのスポーツ振興支援を通じて、人々の健康と
美をサポートし、国連の掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の3番目「すべての人に健康と福祉を」にも貢献してまいります。


◇コーセーのスポーツ振興への取り組み  
「KOSÉ SPORTS BEAUTY NEWS」  https://www.kose.co.jp/jp/ja/kose_sports/index.html


石井勲 (いしい いさお) プロフィール

(株)コーセー 美容開発部 ビューティクリエーションユニット 課長
メイクアップアーティスト
[画像8: https://prtimes.jp/i/41232/225/resize/d41232-225-379538-6.jpg ]


 メイクアップブランドのTV-CMやポスター、雑誌撮影をはじめ、国内外において様々なイベントや美容セミナーの講師も務める一方、TVやラジオ出演など幅広く活躍。特に、“落ちないメイク”のエキスパートとして、アーティスティックスイミング日本代表のメイク監修やフィギュアスケート選手、ダンスリーグ「KOSÉ8ROCKS」のメイクも手掛けるなど、アスリート達からの信頼は厚い。パリコレクションや東京コレクションでは、メイクアップアーティストとしてバックヤードを担当する他、海外メディアからも多数オファーを受け、その技術は高く評価されている。就活メイクやフレッシャーズなどの好感度メイクから、アスリートの演技をドラマティックに演出するスポーツビューティメイク、さらにはファッションショーのランウェイを華やかに彩るモードなメイクまで、世代・ジャンルを問わず、“今”を“最も美しく輝く瞬間”として表現できるスペシャリスト。

PR TIMESプレスリリース詳細へ