「オンライン診療プラットフォーム」、バージョンアップを実施

プレスリリース発表元企業:株式会社オプティム(東証一部、コード:3694)

配信日時: 2021-06-03 15:00:00

画面イメージ

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、オンライン診療サービス、オンラインヘルスケアサービスを手軽かつスピーディーに開発することができる「オンライン診療プラットフォーム」をこのたびバージョンアップしました。本バージョンでは、ビデオ通話機能の拡充および、「ヘルスケアデバイス連携」機能の対応項目を強化し、Apple Watchが測定した血中酸素濃度を参照できるようになりました。最新バージョンの主な新機能は以下のとおりです。


■新機能1:医師/相談員/指導者の画面共有機能
ビデオ通話中に医師/相談員/指導者側のPCでウインドウを指定して、画面を共有できるようになりました。これにより、レントゲン画像などの検査結果や類似症例などの説明資料を患者や相談者に共有し、赤ペン・指差し機能と併せて利用することで、対面と同等のわかりやすい説明を行うことができます。


■新機能2:Apple Watchの酸素濃度測定機能連携
「ヘルスケアデバイス連携」機能の対応項目を強化し、Apple Watch Series 6から取得されるようになった、血中酸素濃度の値を参照できるようになりました。これにより、これまで対応していた、歩数などの情報とあわせて、プラットフォーム上で血中酸素濃度を確認することができるため、患者や相談者の健康増進などをアドバイスする「健康相談サービス」などの提供時に、健康データの参考値としてご利用いただけます。

※Apple Watchの血中酸素濃度測定機能は米国食品医薬品局(FDA)の医療機器認可を取得しておらず、日本の医療機器認定も受けておりません。そのため、本機能連携で取得される血中酸素濃度情報はオンライン診療などで利用することはできません。


■画面イメージ
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/260733/LL_img_260733_1.png
画面イメージ


■オンライン診療プラットフォームとは
オンライン診療プラットフォームは、ビデオ通話機能をはじめ、統合的かつセキュアなID管理、決済機能、予約機能、ヘルスケアデバイスとの連携機能などを備えており、オンラインコミュニケーションツールを用いた医療サービス、ヘルスケアサービスを始めるために必須となる機能が揃っています。

「オンライン診療プラットフォーム」についての詳細は以下のWebサイトをご覧ください。

「オンライン診療プラットフォーム」サービスサイト:
https://www.optim.co.jp/medical/online-medical-platform/



【オプティムの目指す、オプティマル事業とは】
~Optimal【形】最適な、最善の、最も有利な~
急速なインターネット普及に伴い、これまでネットを利用したことのないユーザーがネットを利用する機会が増えており、このユーザー層にとって現状のネットは必ずしも使いやすいものではありません。このような状況にあって、ネットを空気のように快適で、息をするように無意識に使えるサービス・インフラに変えていく。オプティマル事業とは、そのためのオプティム独自の最適化技術によるサービス事業の総称です。

製品情報 : https://www.optim.co.jp/services
Facebookページ: https://www.facebook.com/optimjpn
Twitterページ : https://twitter.com/optim_jpn


【株式会社オプティムについて】
商号 : 株式会社オプティム
上場市場 : 東京証券取引所市場第一部
証券コード : 3694
URL : https://www.optim.co.jp/
OPTiM SAGA(佐賀本店) : 佐賀県佐賀市本庄町1 オプティム・ヘッドクォータービル
OPTiM TOKYO(東京本社): 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 21階
OPTiM KOBE : 兵庫県神戸市中央区小野柄通7丁目1番1号 日本生命三宮駅前ビル11階
代表者 : 菅谷 俊二
主要株主 : 菅谷 俊二
東日本電信電話株式会社
富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
設立 : 2000年6月
資本金 : 443百万円

主要取引先:
NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社大塚商会、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、KDDI株式会社、株式会社小松製作所、ソフトバンク株式会社、西日本電信電話株式会社、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社、東日本電信電話株式会社、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社、リコージャパン株式会社など(五十音順)

事業内容:
ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業
(IoTプラットフォームサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス、その他サービス)


【Copyright・商標】
※ 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press