イーセクターがサン・プラニング・システムズと提携 IT活用効率化による業務プロセス改善サービスの提供を開始

プレスリリース発表元企業:株式会社イーセクター

配信日時: 2021-05-17 09:00:00

業種別テンプレートによる迅速な分析とシステムカスタマイズイメージ

ITソリューション販売で30年以上の実績を持つ株式会社イーセクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:橋村 清海、以下「イーセクター」)は、世界で数10万ライセンス、日本国内5万ライセンス以上の販売実績を誇る業務可視化ツール『iGrafx(アイグラフィックス)』を販売する株式会社サン・プラニング・システムズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:白羽 毅、以下「SPS」)と提携し、IT活用を効率化することによる業務プロセス改善サービスを提供開始することとなりました。

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の到来により、ソーシャル、モバイル、クラウド、ビッグデータ分析等々、IT環境が大きく変わりつつある中、それらを有効に活用するための業務プロセス改善が求められています。

SPSが提供するiGrafxを用いた業務分析では、既存業務の可視化と改善ポイント分析が可能となり、改善ポイントをイーセクターが提供する自動化やデータ連携・統合ソリューションで効率化を図ります。
この業務提携のメリットは、SPSが保有する豊富な業務改善ノウハウに基づく業務別標準プロセステンプレートから、素早く業務の改善提案ができること、イーセクターの持つ様々なIT最適化ソリューションにより、短期かつ効率的にシステム改善が可能になることです。

事業目標としては、SPSが多くの導入実績を持つ、金融業界等、イーセクターが得意とする、自治体、製造業、IT業界等に共同提案を行い、初年度である2021年度は売上2億円を狙います。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/258490/LL_img_258490_1.png
業種別テンプレートによる迅速な分析とシステムカスタマイズイメージ

【イーセクターが提供する業務自動化ソリューションとは】
イーセクターは、オペレーションに着目した効率化ソリューション、データの連携・統合に着目した効率化ソリューション、それらをハイブリッドした形式など、様々な形での効率化ソリューションを展開しています。

[業務プロセス改善サービスサイト]
https://www.esector.co.jp/solution/bpm/bpr-service.html


【SPSが提供する『iGrafx』とは】
iGrafxは、「業務プロセス可視化・分析・定量評価・共有」ソリューションです。
2021年で日本上陸22年目を迎え、これまで国内5万ライセンス以上、上場企業800社以上に導入され、IT、業務改革、内部統制/コンプライアンス、品質管理等、様々な部門でお使いいただいております。
SPSは日本におけるiGrafxの総代理店として、イーセクターと共に企業のDX・CXを加速し、企業自ら変革を実施できるプラットフォームをご提供いたします。


【株式会社イーセクター( https://www.esector.co.jp/ )】
本社 :恵比寿事業所
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル8F
代表者 :代表取締役社長 橋村 清海
設立 :1990年1月23日
事業内容:情報システムのガバナンス向上(セキュリティ向上、品質向上)を
支援するソフトウェア、機器及びサービスの提供


【株式会社サン・プラニング・システムズ( https://igrafx.info/ )】
本社 :〒104-0033 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー12F
代表者 :代表取締役社長 白羽 毅
設立 :1980年1月14日
事業内容:(1)ビジネスプロセスマネージメントサービス
(2)エンタープライズソリューションサービス
(3)クライアントサポートサービス


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press