コンベアシステムの市場規模、2025年に106億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-05-14 18:00:00

コンベアシステムの市場規模、2025年に106億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「コンベアシステムの世界市場 (~2025年):エンドユーザー産業 (小売&流通・食品&飲料・自動車・エレクトロニクス・鉱業・空港)・コンポーネント・操作・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月13日より開始いたしました。

コンベアシステムの市場規模は、2020年の88億米ドルからCAGR3.9%で成長し、2025年には106億米ドルに達すると予測されています。エンドユース産業での自動化プロセスの導入や、商品を大量に扱う必要性から、同市場の成長を押し上げる要因となっています。

COVID-19のコンベアシステム市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、コンベアシステム市場の操業が大幅にスローダウンしています。国連工業開発機関(UNIDO)によると、ロックダウン措置により、2020年第1四半期の世界の製造業生産高は6.0%の減少を記録しました。新しい製造施設や流通センター向けのコンベヤシステムの需要は、サプライチェーンの混乱のために遅れています。COVID-19終息後には、自動化コンベヤシステムの需要増加により、急速な回復が予測されています。

牽引要因:鉱業などにおける大量生産の流れ

ブラジルやチリを中心とした、ラテンアメリカ諸国の鉱業に、今後の投資が見込まれています。鉱業では大量の生産物を扱うため、長距離輸送にコンベアシステムが採用されており、経済的なソリューションでもあります。これらの地域では、消費者の購買力の向上と経済成長が、製造業の発展を促す要因となっています。製造業、運輸、食品・飲料、鉱業、その他様々な産業における自動化により、業界はゼロディフェクトの目標に近づいています。

抑制要因:無人搬送車やロボットの使用増加

あらゆる産業で競争が激化しています。企業では、プロセスの最適化を求め、産業設備の自動化への需要が高まっています。マテリアルハンドリング業界での自動化は、生産時間の短縮、ヒューマンエラー低減、安全性の向上、生産量の増加、精度と再現性の向上につながります。一方で、産業用ロボットの大規模な導入は、コンベアシステム市場にはマイナスの影響を与える可能性があります。しかし、無人搬送車のコストが高いため、その導入は限定的であるとも考えられます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama981904-conveyor-system-market-by-industry-retail.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク