医療用繊維の市場規模、2025年に233億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-05-13 14:00:00

医療用繊維の市場規模、2025年に233億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用ファブリックの世界市場 (~2025年):原材料 (ポリプロピレン・コットン・ポリエステル・ビスコース・ポリアミド)・ファブリックタイプ (不織布・織布・編布)・用途 (衛生用品・ドレッシング材・衣類・カーテン・毛布・寝具・座面生地)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月12日より開始いたしました。

医療用繊維の市場規模は、2020年の168億米ドルからCAGR6.7%で成長し、2025年には233億米ドルに達すると予測されています。難燃剤の主な用途は、衛生用品、衣類、毛布・寝具、プライバシーカーテンなどです。医療用繊維は、医療分野でのさまざまな用途のために特別に製造されています。これらのファブリックは、医療および衛生用途で使用されるように製造されています。医療用繊維は、ポリプロピレン、ポリエステル、綿、ビスコース、ポリアミドなどの繊維を使用して製造しています。ヘルスケア産業で使用される繊維には、抗菌性、耐火性、非アレルギー性、非発がん性などの特性が求められます。これらの繊維は、織物、不織布、編み物などの技術を用いて製造されます。医療用繊維の品質向上と消費者の意識により需要が高まり、市場成長の原動力となっています。

COVID-19が医療用繊維市場に与える影響

COVID-19の発生により、医療業界では、呼吸補助器具、マスク、手袋、個人防護具などの需給に大きな変化が生じています。また、喘息や糖尿病など既往症を持つ人々のCOVID-19の感染拡大も市場に影響を与えています。COVID-19の治療のためのワクチン開発や、医療インフラの整備が急がれています。治療のための医療機器やデバイスの需要が拡大し、同時に医療用繊維の需要も促進しています。

衛生用品に対する消費者の意識の高まり

衛生用品は、赤ちゃんのおむつや生理用ナプキンを含む医療用繊維の最大用途です。多くの医療用繊維メーカーが、衛生用品の認知度を高めるために、プロモーションや広告に力を入れています。また、製品の開発により、ベビー用おむつメーカー間の競争が激化しています。市場では高品質でプレミアムな製品が増加しています。消費者の多くは、環境に優しい使い捨てのベビー用紙オムツを求めています。消費者は、抗菌・抗真菌作用のある製品を好んで購入します。ワーキングマザーの増加に伴い、ベビー用紙オムツの市場は拡大しています。

生理用ナプキンの使用増加は、働く女性の人口増加と、農村部での衛生用品の使用を促進する政府のキャンペーンに支えられています。アジア諸国では、多くの官民連携の取り組みにより、女性の衛生促進が強化されています。こうした取り組みは、衛生用品の使用率を高める上で極めて重要な役割を果たします。衛生用品は医療用繊維の最大用途であるため、ベビー用おむつや生理用ナプキンの使用が増えれば、医療用繊維の需要が高まることが予測されます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama982501-healthcare-fabrics-market-by-raw-material.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク