中国のHDマップ業界、2025年に50万セット以上のHDマップが量産型乗用車に搭載見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界および中国のHDマップ業界(2021年)」 (ResearchInChina) の販売を5月12日より開始いたしました。

HDマップ業界レポート:産業統合の幕が下り、4つのサバイバルモデルが登場か。

現段階では、HDマップの課題は、最初のマッピングよりも、その後のメンテナンスやアップデートにあります。HDマップの更新頻度については、業界関係者の間でも意見が分かれていますが、HDマップはすべてのデータをリアルタイムで更新する必要はなく、異なる属性の要素は更新頻度が異なることは明らかです。その中でも、ダイナミックマップレイヤーは、車両、非車両、歩行者を含む交通状況の更新頻度が最も高いです。

しかし、電子航法地図の一種であるHDマップの更新プロセスには、関連する機密保持規制による制約があるかもしれません。例えば、マッピングには資格が必要であり、マップが何をどのように表示するかは、ポリシーや規制に従わなければならず、データの機密性や公開に関する要件を満たさなければなりません。

HDマップの制作・更新時に発生するコンプライアンスの問題を解決するために、中国工業情報化省は「自動車のインターネット(インテリジェント・コネクテッド・ビークル)基本データサービスおよび基本地図サービスプラットフォーム構築プロジェクト」を主導し、OEM、Tier1(地図プロバイダー)、政府の間のギャップを埋める新たな役割、Tier1.5(HDダイナミックマップ基本プラットフォーム)を導入しました。動的データ集約、データプッシュ、サービス監督支援、データコンプライアンス処理の4つのコア機能を備えたTier1.5は、クラウドソーシングを利用したアップデートの過程で発生するコンプライアンスの問題を解決する効果的なソリューションです。

さらに、政策や規制の改善もHDマップの更新に実用的なソリューションを提供しています。例えば、2020年6月に発表された「国家測量地図地理情報の機密管理及び範囲に関する規定」では、電子航法地図、3Dモデル、点群データの測定データに求められる機密レベルが定義されています。

BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)、サービスプロバイダー、自動車メーカーがHDマップ市場を争っているが、これはIndusial Integrationの幕を上げることになる。

近年、L3/L4の自動運転は、Robotaxi、港湾物流、自動駐車など様々な場面で試験的に運用されています。また、2020年には中国でL3自動運転の乗用車が量産されました。我々の調査結果によると、2020年には、Amap、Baidu、NavInfo、eMapgoなどの代表的なプロバイダーのHDマップが、事実上2万5,000セット、中国の量産型乗用車に搭載されていました。将来的には、L3自動運転車ではHDマップが標準装備され、L2+自動運転車の一部ではオプションとなる予定です。2025年には、50万セット以上のHDマップが中国で量産型乗用車に搭載されると予測されており、HDマップ業界は活況を呈しています。 


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/rinc999585-global-china-hd-map-industry-report.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告