鉱業用自動運転市場、今後数年で大幅に成長見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「世界および中国の鉱業向け自律運転業界(2020年~2021年)」 (ResearchInChina) の販売を5月12日より開始いたしました。

需要と政策が鉱業における自動運転の発展を加速させる

伝統的な鉱山は、採用、効率、コスト、潜在的な安全性の問題を抱えていますが、自動運転によってこれらの問題をうまく解決することができます。同時に、鉱業地域は閉鎖的な環境、固定回線、低速、ポイント・ツー・ポイントという特徴があり、自動運転に最適なシナリオの1つとなっています。

1990年代には、海外でスマートマイニングが始まっています。現在、この分野で最も成熟しているのはオーストラリアです。2020年2月の時点で、世界の約500台の自動運転トラックのうち8割近くがオーストラリアのものでした。中国はスマートマイニングの発展を促進する政策を次々と打ち出しており、特に国家発展改革委員会(NDRC)をはじめとする7つの省庁・委員会は「2020年にインテリジェント炭鉱の発展を加速するガイダンス」を発表し、2025年までに露天掘り炭鉱の無人化輸送を実現することを明確に求めています。関連政策に後押しされて、自動運転は鉱山での導入が加速するでしょう。

科学技術企業が中国の鉱山における自動運転の発展をリードする

スマートマイニングの最も重要な部分として、低速の自動運転は今や世界規模での商業運転の段階に入っています。

1994年には、キャタピラー社が米国の鉱山で自動運転のミニカートのテストを行い、日本のコマツも2005年に自動運転システムのテストを開始しました。

2020年4月現在、コマツはオーストラリア、北米、南米に合計221台のAHS搭載車両を配備し、12年間で35億トン以上の物資の自動輸送を果たしています。

キャタピラー社では、全世界で276台の自動運転トラックが稼働しており、MineStarシステムで20億トンの資材を輸送しています。

中国では、スタートアップ企業や一部のOEM企業など、主に地元企業が鉱山における自動運転を担っています。その中でも、WAYTOUS、Tage IDriver Technology、EQなどに代表されるスタートアップ企業の影響力が大きいです。彼らは、OEMと協力してOEM市場を開拓し、改造コストを削減し、将来の大量生産におけるスケールメリットを得る一方で、鉱山企業と協力してAM市場を開拓することで、ソフトウェアとハードウェアを迅速に実装し、反復することができます。

鉱業用の低速自動運転市場は資本が有利

現在、資本市場も鉱業における低速の自動運転に対して非常に楽観的です。ほとんどの企業が複数のラウンドの資金調達を完了しています。その中で、Tage IDriver Technologyは比較的高額の資金調達額でB+ラウンドを果たし、CiDi (Changsha Intelligent Driving Institute) Ltd.は最高額の4億人民元以上を調達しました。

ユーザーの需要、政策、資本に後押しされ、鉱業における自動運転の開発は加速しており、今後数年で数千億元規模の市場がここに形成されるものと予想されます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/rinc999581-global-china-mining-use-autonomous-driving.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告