北関東ではじめて。ヨーロッパ最先端の眼鏡度数測定システム機器が ラフィーネ平田に設置。両眼視機能検査と共に、夜の見にくさを解消するメガネ作りが可能

プレスリリース発表元企業:株式会社 ごえん
北関東ではじめて。ヨーロッパ最先端の眼鏡度数測定システム機器が ラフィーネ平田に設置。両眼視機能検査と共に、夜の見にくさを解消するメガネ作りが可能


◆群馬県前橋市の眼鏡店「ラフィーネ平田」(橋市小相木町552-1 代表取締役 平田 典之)では、お客様の「夜の見にくさを解消するメガネ作り」が可能になる、眼鏡度数測定システム機器を導入しました。北関東ではラフィーネ平田が最初の設置店となります。人の眼は、昼間と夜間とでは瞳孔の大きさが変わり見え方に差が生じます。この機器を使って度数測定し製作するメガネは「昼間良く見えるメガネなのに夜間に見にくい」「夜の運転で対向車のライトがまぶしい」といった悩みに対応します。

◆群馬県前橋市の眼鏡店「ラフィーネ平田」(橋市小相木町552-1 代表取締役 平田 典之)では、お客様の「夜の見にくさを解消するメガネ作り」が可能になる、眼鏡度数測定システム機器を導入しました。北関東ではラフィーネ平田が最初の設置店となります。

◆人の眼は夜間になると瞳孔が大きく開き昼間との見え方の差が生じます。「昼間良く見えるメガネなのに夜間に見にくい」「夜の運転で対向車のライトがまぶしい」という顧客からの相談をうけ導入を決めました。一般の検査機器が瞳孔の中心部3mm程度で視力計測するのに対し、この機器は瞳孔全体を計測します。これにより、昼間と夜間の見え方どちらも計測することが出来るようになりました。

◆従来の眼鏡度数測定機器と比べると、25倍の超高精度でその人にピッタリの度数メガネを作るとこが出来ます。一般的なメガネレンズの度数は0.25刻みで測定されますが、ドイツのツァイス社の検査機器「アイプロファイラー・プラス」は0.01刻みで測定するため、よりひとりひとりの目の特徴に合わせた最適な視界が得られます。メガネレンズはオーダーメイド作成されます。

◆ラフィーネ平田では、より快適なメガネ作成をめざしており、両眼視機能検査という検眼も取り入れています。
一般的視力検査では片目ずつで測定するため、左右の目で同時に見た時の状態を調べる事は出来ません。左右の目の動き方を左右同時に検査するのが両眼視機能検査です。この検査をもとに左右の目がお互いに補完しあい、運転していて疲れてくると前の車と車線がダブってみえる、パソコンの画面を長時間みていると字がダブって見える、読書していると行を飛ばしやすい、大型免許の深視力検査でいつも苦労する、病院での精密検査で異常なしといわれたのに長年にわたり頭痛・肩こりに悩まされてきたといった症状を和らげるメガネ作成を行っています。群馬県は全国でもトップクラスの車社会の県です。夜間でもよく見えてリラックスして運転することが出来る最高級の視界をメガネで提供するのが使命と考えています。

◆ご自分にあったメガネ度数を知りたいときや、運転免許更新前など、度数検査だけは無料で体験いただけます。下記ブログより、スタッフが実際に体験した感想を数値データも含めご覧いただけます。
https://www.megane-r-hirata.com/staff_blog/

◆ラフィーネ平田は、1968年に前橋市で創業しました。創業50年をこえ、眼鏡・宝石・補聴器等を扱っています。より地域密着の店として最新技術と機器をそろえお客様のお役に立てるよう努めています。
https://www.megane-r-hirata.com/

◆この記事に関するお問い合わせは下記までお願いします。
ラフィーネ平田 TEL.027-252-8828
営業時間:10:00〜19:00 定休日:水曜日(祝日除く)
担当者:平田典之 渡辺将征


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告