5Gエンタープライズの市場規模、2027年に109億米ドル到達予想

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
5Gエンタープライズの市場規模、2027年に109億米ドル到達予想


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「5Gエンタープライズの世界市場 (~2027年):ネットワークタイプ (ハイブリッド・プライベート)・オペレーターモデル・インフラ・帯域区分・帯域・組織規模・用途・産業・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月11日より開始いたしました。

5Gエンタープライズの市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGR31.8%で成長し、2027年には109億米ドルに達すると予想されています。この市場の成長を牽引している主な要因としては、インダストリー4.0の登場によるmMTCへの道筋の確立、スマートインフラの開発、ネットワークスライシング技術を用いた差別化された5Gサービスの提供などが挙げられます。一方で、通信事業者が5Gインフラを構築するために必要な、多額な費用が課題となっています。また、企業がWi-Fi通信技術を採用していることや、5Gコアネットワークにおけるセキュリティへの懸念も、市場成長の妨げとなっています。

インダストリー4.0の出現がmMTCに道を開く

IoTとともに、インダストリー4.0は、製造企業に大量のデータを保存・分析する能力を提供し、それに基づいて、ロボット工学、人工知能、コネクテッドセンサー、IoT、クラウドコンピューティングなどの複数の技術を利用したアクションを設定することができます。インダストリー4.0は、自動化技術を展開することで、生産プロセスの効率化と柔軟性の向上を目指しています。

スマートインフラの開発

スマートシティやスマートビルディングなどのインフラ整備は、最先端のサービスとインフラをセットで提供するために設計された概念モデルです。スマートシティは、生活の質を向上させ、都市運営やサービスの効率を高めるための情報通信技術(ICT)インフラを備えています。既存の都市は、スマートな交通、スマートな建物、スマートな公共施設、スマートな市民サービスという構成要素に準拠している場合にのみ、スマートと見なされます。そのため、スマートシティプロジェクトを成功させるには、データ通信、クラウド、モビリティ、センサーなど、IoTを構成する複数の技術に大きく依存します。急速な接続性と高速通信に対する大きな需要があるため、5Gスタンドアロン(SA)サービスは将来的に大きなチャンスとなります。

ネットワークスライシングによる差別化された5Gサービスの提供

5Gは、さまざまな企業に新しいビジネスモデルを導入し、顧客の刻々と変化する要件を満たすことに重点を置いています。ネットワークスライシングは、サービスプロバイダーが革新的なサービスを提供することでビジネスを拡大するための重要な技術の一つです。エンドツーエンドのネットワークスライシングには、RAN、コアネットワーク、トランスポート機能が含まれます。この技術により、高いセキュリティと柔軟性を備えたネットワークサービスを提供することができます。また、サービスプロバイダーは、ネットワークリソースを効率的に管理し、差別化されたサービスを提供することで、投資に対するリターンを高めることができます。スライスごとにネットワークリソースを専用化することで、エンドツーエンドでのサービスの差別化が可能になります。同一のサービススライス内で、垂直方向と水平方向の両方のスライスを指定することができ、テナントごとに異なるスライスを実現し、サービスレベルアグリーメント(SLA)を満たすことができます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama998615-5g-enterprise-market-by-network-type-hybrid.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告