【人生死ぬこと以外はすべてかすり傷】実際の孤独死の現場から伝える故人からのメッセージ|遺品整理専門業が懸念する、若い年代に増えている孤独死。【孤独死整理本部】

プレスリリース発表元企業:遺品整理クリーンサービス


超高齢化社会へ突入する現代において、孤独死が増え続けている。誰にも看取られることなくひとりお部屋の中で亡くなってしまった孤独死物件の遺品整理と特殊清掃を「専門」で行っているチームが遺品の整理から貴重品の捜索、特殊清掃・リフォームまでをご遺族に代わり代行する。若い世代にも孤独死が増えている。

孤独死専門の【孤独死整理本部】がある遺品整理クリーンサービス(本社:東京都板橋区高島平6-2-5、代表取締役社長:増田 祐次)はこのほど、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城の対象エリアに10月1日より孤独死の整理本部を本格的に開始しましたので、お知らせします。
http://www.shobunya.com/

※孤独死整理専門チーム
 2013.10.3 テレビで放送された、『密着“遺品整理”孤立死急増…日本の今父が残した愛の形〝最期〟が物語る現実』
無念の死の孤独死物件をご遺族に代わり迅速に遺品の整理・貴重品捜索・特殊清掃・リフォームを「心をこめて、ご遺族の悲しみの負担や不安をサポート」電話一本、ご遺族が一括でお任せできる遺品整理・孤独死整理専門チーム

 現代に伝えていきたい想いとは、『人生、死ぬこと以外は全てかすり傷』
http://www.shobunya.com/wwc/?p=3368
 
■「遺品整理業」が求められている社会状況
 高齢者人口のうち、65~74歳人口は「団塊の世代」が高齢期に入った後に平成28(2016)年の1,761万人でピークを迎える。これに伴い高齢者の孤独死が社会問題化しています。離れて暮らす遺族から「遺品を整理し、片付けてほしい」というニーズが高まっているほか、ご高齢の同居遺族から「どのように遺品の片付けをしていいかわからない」という声を聞くなど、需要が増えている背景に“高齢介護”の実態があることもうかがい知れます。

■「孤独死整理本部」とは
 「孤独死整理本部」は、お部屋で亡くなられた方の住居を訪ね、遺品を形見分け品と供養品、リサイクル品に分けて適正に処分し、特殊清掃までを行うもので、※「孤独死整理専門チーム」が責任をもって作業に当たります。また、「遺品整理業」から派生して、身体能力が低下して自宅の掃除や片づけがままならない高齢者宅の整理を行う「生前整理事業」、自殺物件など居住者が不在になった後のお部屋について残置物処理の手続きから処分まで一括で対応する「事故物件整理」も展開します。
尚、孤独死整理本部では実務の研修も行っており厳しい修行のもとご遺族への安心の証のバナーを掲載している。
http://www.shobunya.com/wwc/kodokushi-seirihonbu.html

 今年度の目標は4,000件で、2013年度中に、関東エリアで30%のシェアを目指します。


■本事業における当社の強み
1. 迅速な対応…お電話をいただいてから24時間以内にお見積をし、48時間以内に作業に着手します。迅速な対応に徹するため関東エリアの範囲内にサービスを限定します。
2. 明朗な料金設定…料金は部屋の広さや数に応じて目安を設定しています。ご依頼主様ご同席のもと、
現地にて確認の上、お見積もりをその場でご提示いたします。
3. 丁寧で素早い作業…周辺住民に不快感を与えないよう丁寧で素早い作業を心がけます。
4.将来的に独立希望の18歳の若いスタッフの徹底教育と専門知識を修得するための研修

■増田 祐次社長コメント
 創業以来、東京・埼玉・神奈川で「遺品整理業」を手がけていましたが、今年の夏の過去最高の猛暑による孤独死の増加で依頼が急増したことを受け、本格的な関東圏全域での事業展開を決断しました。
 今般参入した遺品整理業につきましては、ご依頼をいただく事業者様から「料金がわかりにくい」「対応が悪い」といった業界に対するマイナスイメージの声が多く聞かれます。 
 当社では遺品整理専門業で培った経験と信頼を基盤とした信用力を生かし、遺品整理業を、透明性が高く、お客様にご安心いただけるサービス業として認知していただくべく業界標準のサービスを確立します。
 また、遺品整理業界のリーディングカンパニーとしてご遺族のあらゆるご要望にお応えするように努めてまいります。


■サービス・価格等
【遺品整理業務の流れ】
1.遺品の確認。(処分品、形見分け品と供養品、リサイクル品などを仕分け)
2.遺品(買取り品)を分別梱包、搬出。
3.遺品の引き取り作業。買取り不可能な遺品は、地域の廃棄物業者を手配代行。
4.お部屋の汚れてしまった特殊清掃。
5.貴重品、写真、手紙等のご依頼主確認。整理作業時に一緒に捜索
6.引取った遺品を仕分分別し、リサイクル原材料、リユース品として処理。
7.家電リサイクル品の手続き代行。 

【ご利用料金】
広さ作業員料金(税別)
1K2名\40,000~
1DK2名\60,000~
1LDK3名\80,000~
2DK3名\120,000~
2LDK4名\180,000~
3DK5名\250,000~
3LDK6名\300,000~

■会社概要
会社名: 遺品整理クリーンサービス
所在地: 〒175-0082 東京都板橋区高島平6-2-5
     TEL:0120-973-548
代表者: 代表取締役社長 増田祐次
設立: 2010年10月(創業1995年)
資本金: 3,000,000万円
従業員数: 10人 他
業務内容: 遺品整理事業  孤独死部屋整理 特殊清掃 ごみ屋敷解決事業


 弊社は、「孤独死した故人の部屋からのメッセージ」という現場から伝わる現代社会の模様をどうすれば社会的に認知できるようになるのかということに取り組んでまいりました。従来では、「縁起」で仕事を選ぶ業者が少なくありませんが、私たちの思いは「誰かがやらなくてはならない」というスローガンのもと社員全員が孤独死の現場で切なさを経験し、ご遺族に対するやさしさという気持ちが生まれ「悲しみに暮れているご遺族の気持ちを少しでも軽減できるように」スタッフ一人ひとりが責任を持ち、振る舞いについても社内で徹底した取り組みをしています。

※平成24年度、遺品整理士協会より「優良企業事業所」として掲載、登録と感謝状をいただいております。

■一般からのお問い合わせ先(ご遺族・不動産業)
 フリーダイヤル:0120-973-548
(受付:9:00~21:00)
URL: http://www.shobunya.com 

【報道関係からのお問い合わせ先】
企業名:株式会社ToDo-Company
 遺品整理クリーンサービス
担当者名:岡田
TEL:03-6915-6733
 FAX :03-6915-6734
 担当 : 080-3702-4197
Email:info@shobunya.com

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク