東京スカイツリーを撮り続けた5年間の記録写真を一挙展示「日々のスカイツリー」

プレスリリース発表元企業:ローカルメディア
東京スカイツリーを撮り続けた5年間の記録写真を一挙展示「日々のスカイツリー」


フォトグラファー・編集者の樋口智幸は、自身初となる個展「日々のスカイツリー」を2021年5月12日から同16日まで5日間の日程で開催する。樋口が2015年から約5年にわたり日々撮りためてきた東京スカイツリー(東京都墨田区)の定点観測写真、計481点を展示・販売する。会場は東京都台東区下谷のイベントスペース「SOOO dramatic!(ソードラマチック)」。

 樋口が日課としてSNSに掲載してきたスカイツリーの写真、およそ5年分から481点をセレクトし、パネルに出力して時系列順に展示する。展示空間は幅5.6m、高さ2.8mの壁面全体に展開。展示作品の9割以上は、言問通りと金杉通りが交わる根岸1丁目交差点から撮影したもので、青空や曇り空、早朝や夜間などその時々の風景をほぼ同じアングルで切り取っている。

 各々の写真には、IDとして撮影日時を表記する。来場者は、好きな写真を選んで購入することができる。販売予定価格は1点800円。4点セットで3,000円に割り引きし、樋口自身によるポートレート写真撮影もプレゼントする。

●開催にあたってのコメント
 大企業勤めに限界を感じ、人生後半戦への挑戦として小さなまちづくり会社に転職したのが2015年。今回の会場の2階にあるシェアアトリエに通っていました。その通勤の道すがら、言問通りから見えるスカイツリーを何気なく撮り始め、いつしか習慣になりました。
 入谷に通っていた頃は、これからの人生を模索する迷い多き時期に重なります。晴れの日も雨の日も雲で隠れていてさえ、ただいつもそこにスカイツリーがあるという現実が、大抵のことは大丈夫、という確信につながっていったのかもしれません。

【写真展「日々のスカイツリー」】
https://sooo-dramatic.com/cate-event/9384
日時:2021年5月12日(水)〜16日(日) 各日12:00〜20:00
会場:SOOO dramatic! (東京都台東区下谷1-11-15 ソレイユ入谷1F)
東京メトロ日比谷線「入谷駅」徒歩1分/JR山手線「鶯谷駅」南口徒歩6分
入場:無料

●プロフィール
樋口 智幸(ひぐち・ともゆき)
1972年、愛知県名古屋市生まれ。大手出版社の編集記者職、まちづくり会社のディレクター職を経て2017年に独立。地域商店街などのイベント企画・制作を手がける傍ら、フォトグラファーとしての活動を開始する。グラミー賞受賞のキューバ人ジャズピアニスト、ゴンサロ・ルバルカバ氏など、音楽家のアーティスト写真やライブ撮影を中心に展開。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース