NewTek 社、スポーツ番組制作で 4K リプレイを手頃な価格で実現できる 3Play(R) 3P2 を発表

プレスリリース発表元企業:株式会社 アスク

世界初のネイティブ IP / SDI 映像リプレイシステムが、より充実した機能と圧倒的な品質を実現、無償トレーニングも提供

NewTek 社は、スポーツ番組制作において比類のない映像リプレイとスロー再生を実現する、ビデオリプレイ及びテレストレーションシステム 3Play(R) 3P2 を発表しました。3Play 3P2 は 8 系統の入力と 2 系統の出力を備えており、プレイリストの共有、関心領域 (Area of Interest) の抽出など多数の新機能を搭載しています。従来のリプレイシステムの数分の一のコストで、制作ワークフロー全体にわたり驚くべき接続性と効率性を提供します。3Play 3P2 を購入した方は、NewTek University がオンラインで提供する 3Play トレーニングコース (英語) を無料で受講できます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/8686/88/resize/d8686-88-261818-0.jpg ]



株式会社アスク (本社:東京都千代田区) は、同社が国内正規代理店を務める NewTek 社の最新の製品情報を公開しました。

IP ビデオテクノロジーの世界的リーダーで、Vizrt グループの一員である NewTek 社は本日、スポーツ番組制作において比類のないリプレイ再生を提供する、ビデオリプレイ及びテレストレーションシステム 3Play(R) 3P2 を発表しました。3Play 3P2 は、従来のリプレイシステムの数分の一のコストで、制作ワークフロー全体にわたり驚くべき接続性と効率性を提供します。これにより、放送局や試合会場のオペレーターは、記憶に残るアングルやプレーの瞬間を見逃すことはありません。3Play 3P2 の新しい機能には、入力数の増加、プレイリストの共有、関心領域 (Area of Interest) のパン&スキャン、NewTek NDI(R) Telestrator 機能の搭載、クリップパブリッシングなどが含まれます。これらの新機能と 4K への対応は、スポーツ番組制作者により多くの能力と機会をもたらし、ライブコンテンツの価値と影響力を最大限に高めます。

NewTek 社、社長 Barbara Spicek 氏は以下のように述べています。
「オペレーターを中心とした 3Play 3P2 のワークフローは、スポーツのプレーを簡単に細分化できるので、美しい 4K 映像でリアルタイムに、視聴者を試合に深く引き込むことができます。3Play 3P2 に搭載の機能は、試合の重要なプレーをより素早く、より多様な角度から捉え、ファンに特別な視聴体験を提供します。」

■ ズーム&トラッキング機能 - 関心領域(Area of Interest)
再生時のズーム及びトラッキング機能を搭載しており、複数の関心領域を選択し、ズームイン/アウトすることで、重要なプレーのキャプチャが可能です。キーフレーム機能を使用すると、クリップをスクラブ再生して、重要なプレーのタイムコードをピンポイントで確認できます。

Spicek 氏は以下のように述べています。
「ズーム&トラッキング機能を使うと、“選手のつま先がラインから出ていたか”などの関心のある範囲を、ズーム、スキャンして抽出できます。ズーム&トラッキング機能はキーフレームベースで動作するので、高速な動きのプレーでもより高い精度が得られます。この機能は、4K 60p で収録する場合に非常に便利です。キーフレームを使ってプレーを細分化することで、より正確な結果が得られ、より良質なリプレイが可能になります。」

ソフトウェア駆動によるネットワークベースのリプレイシステムは、他に類を見ない柔軟性を有しています。3Play 3P2 は直感的な操作性と豊富な機能を搭載した 10 チャンネルのリプレイソリューションで、8 系統の外部入力と 2 系統の出力を備えています。入力 8 系統は NDI ソースと、筐体に搭載された 4 系統のコネクタからの SDI ソースを自由に組み合わせることが可能です。出力はそれぞれ独立して使用する他にも、SDI 及び NDI の両方に配信されるライブアニメーションや 3D ワープのビジュアルトランジションなど、プレビュー/プログラムのワークフローと連動して出力することも可能です
[画像2: https://prtimes.jp/i/8686/88/resize/d8686-88-262950-1.png ]



■ プレイリストの共有
NewTek 社のライブ映像制作システム TriCaster(R) とプレイリストを共有して、共同で作業をすることも可能です。3P2 と TriCaster のオペレーターは、NDI を介してネットワーク上で 3Play のプレイリストを同期できます。これにより、スポーツ番組制作ワークフローの速度と柔軟性を向上させる、独自の連携を実現します。

Spicek 氏は以下のように述べています。
「3P2 のオペレーターと TriCaster のオペレーターが、あたかも同じシステムで作業しているようなシームレスな関係を実現しました。これこそが、2 人の異なるオペレーターのコラボレーションの醍醐味です。最高のビデオクリップを放送することが、はるかに簡単になります。」

<3Play 3P2 無償トレーニング>
3Play 3P2 の購入者及び販売代理店は、NewTek University がオンラインで提供する 3Play トレーニングコース (英語) を無料で受講できます。3Play 3P2 の購入者を対象とした 3Play トレーニング無料キャンペーンは、2021 年 9 月 30 日まで有効です。※ 注 : 現在は英語でのみ受講可能

<価格と発売時期>
3Play 3P2 は本日よりご注文いただけます。メーカー希望小売価格は専用コントローラを含めて 4,488,000 円 (税込) です。


※ 当資料は、現地時間 2021 年 4 月 20 日にメーカー発表されたプレスリリースの抄訳版です。
メーカーリリース原文 : https://www.newtek.com/press-releases/3play-3p2-2021/

• NDI / TriCaster / TalkShow / 3Play / LightWave 3D / Broadcast Minds は NewTek 社の登録商標です。
• MediaDS / LightWave / ProTek / LivePanel / LiveGraphics / ProServ は NewTek 社の商標またはサービスマークです。
• その他記載されている製品やブランド名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。
• 製品の仕様は予告なく変更になる場合がございますので、ご了承下さい。

<NewTek 社について>
NewTek 社は、すべてのストーリーテラーにビデオを通して表現の機会を提供する IP ビデオ技術のリーダーです。世界中の厳選されたパートナーと協力して革新的なソリューションを市場に投入し、顧客のオーディエンス、ブランド、ビジネスをこれまで以上に迅速に成長させます。NewTek 製品は、NDI(R) をネイティブに統合した IP 中心の製品です。主なクライアント : 英国最高裁判所、New York Giants、NBA デベロップメントリーグ、NHL、Nickelodeon、CBS ラジオ、ESPN ラジオ、Fox スポーツ、MTV、NASA、Pinsent Masons LLP など、米国「Fortune 100」にランクインする企業の 80% 以上。
NewTek は姉妹ブランドである Vizrt および NDI と並んで Vizrt グループの一員です。NewTek はグループの目的である「more stories, better told」を追求します。
・ウェブサイト : https://www.newtek.com/
・ウェブサイト [日本語] : https://tricaster.jp/

<株式会社アスク 概要>
株式会社アスクは、目的に応じたソリューションとサービスを提供する総合商社です。主に米国、ヨーロッパ、台湾、韓国などの最先端かつユニークな製品を皆様に紹介・提供。取り扱い製品はコンピュータ周辺機器、携帯電話周辺機器、サーバ・ストレージ関連機器、業務用映像機器と多岐にわたり、Advanced Micro Devices, Inc.(AMD), AJA Video Systems, ASUSTeK Computer, ASRock, ATTO Technology, AVerMedia, CORSAIR, Cooler Master, Crucial, ELSA JAPAN, HTC VIVE, Micro-Star International(MSI), Micron, NVIDIA, NewTek, Synology, SAPPHIRE TECHNOLOGY, Supermicro, Tripp Lite(旧Keyspan), Thermaltake, ZOTAC Technology Limited など多数の海外メーカーの代理店をしております。
URL:https://www.ask-corp.jp/

<本ニュースリリースに関するお問い合せ先>
株式会社アスク 製品担当:山本 操
TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858
〒102-0076 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階
株式会社アスク WEB URL:http://www.ask-media.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク