農場管理ソフトウェアの市場規模、2026年に42億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
農場管理ソフトウェアの市場規模、2026年に42億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「農場管理ソフトウェアの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):用途 (精密農業・畜産業・水産養殖業)・提供区分 (クラウド・オンプレミス・データアナリティクスサービス)・農場規模・生産計画・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月16日より開始いたしました。

農場管理ソフトウェアの市場規模は、2021年の21億米ドルからCAGR14.7%で成長し、2026年には42億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、リアルタイムの農場データ管理におけるクラウドコンピューティングの導入、世界的な人口増加とそれに伴う食糧需要の増加、農業イノベーションに対する知的財産権の強化などの要因により、もたらされています。また、近代的な農業技術の導入を奨励する政府の支援や、農場の効率性を高めるための家畜の健康状態のモニタリングも、農場管理ソフトウェア市場の成長を後押ししています。

COVID-19の農場管理ソフトウェア市場への影響

農場管理ソフトウェア市場に関連する企業は、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他の各国に製造施設やコーポレートオフィスを持っています。これらの企業が製造する農場管理ソフトウェアは、様々な用途で複数のステークホルダーに購入されています。COVID-19は、農場管理ソフトウェアメーカー各社の経営に影響を与えただけでなく、そのサプライヤーや流通業者のビジネスにも影響を与えました。また、COVID-19以前と比較して、輸出貨物が減少し、ソフトウェアへの需要の低迷も、短期的には市場にマイナスの影響を与え、停滞させると予想されます。この市場の主要企業は、2020年上半期の農場管理ソフトウェアの受注において、パンデミックの影響を目の当たりにしています。

牽引要因:農場データをリアルタイムで管理するための人工知能や機械学習の導入

農場管理ソフトウェア市場の成長は、農業活動の増加と意思決定のためのリアルタイムデータへの需要が大きく影響しています。人工知能と機械学習は、精密農業、家畜のモニタリング、魚の養殖、スマート温室の実践など、さまざまな農業アプリケーションで主流の技術となっています。このように、ハードウェア機器や個人間でやり取りされるデータを管理し、農場管理プロセスを効率化します。


抑制要因:限られた発展途上国での技術知識や高度インフラ

農業従事者の中には、農場管理ソフトウェアの使用プロセスや農業データの取り扱い、意思決定への利用について理解することが困難な人もおり、これが農場管理ソフトウェア市場の成長を制限する要因となっています。農場管理ソフトウェアソリューションは、様々な農業活動のリアルタイムデータ分析に使用され、利益の増加と損失の減少を実現します。農業経営において、農場管理ソフトウェアソリューションを使用するには、技術的な知識が必要です。農業経営者や生産者がこれらのソフトウェアを効果的に使用するためには、プロセスを十分に理解している必要があります。その結果、大多数の農家がこれらの農場管理ソフトウェアの導入に消極的になっています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama995933-farm-management-software-market-covid-impact.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告