中・高精度GPS受信機の市場規模、2026年に40億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
中・高精度GPS受信機の市場規模、2026年に40億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「中・高精度GPS受信機の世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):タイプ (ディファレンシャル・測量)・産業 (農業・鉱業・建設・石油&ガス)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月16日より開始いたしました。

中・高精度GPS受信機の市場規模は、2021年の27億米ドルからCAGR8.6%で成長し、2026年には40億米ドルに達すると予測されています。この市場の成長は、GPSインフラ改善に向けた継続的な開発、建設業界におけるGPS受信機の採用の増加、技術的進歩とGPS補強システムの増加、よりコスト効率の高いGPSソリューションの利用可能性の増加などに起因しています。一方、新技術の市場へ浸透の遅さ、衛星の利用可能性への多大な依存、COVID-19の影響によるGPS受信機の需要の減少などが、市場の成長を制限する要因となっています。今後は、無人航空機(UAV)の商業利用が増加していることから、GPS受信機の導入機会が増えると予想されます。

COVID-19が中・高精度GPS受信機市場に与えた影響

COVID-19の拡大を抑えるためのロックダウンは、人々の生活に深刻な影響を与えました。世界中のサプライチェーンに混乱が生じ、製品の需要が大幅に減少しました。パンデミックの影響で原材料が不足しているため、産業界全体の生産が制限されています。中・高精度GPS受信機市場も例にもれず、COVID-19の多大な影響を受け、2020年のCAGRは、2019年に比べて縮小すると予測されました。

牽引要因:GPSインフラの継続的な開発

GPS受信機は、建設、農業、鉱業、航空、海事などの業界で広く採用されています。その機能は、捜索・救助、トラック輸送、測量・地図作成、追跡、海洋掘削、宇宙探査などの活動に役立ちます。GPSシステムの進歩により、これらの活動に対する信頼性と応用範囲の向上が期待されています。GPSシステムの機能向上により、より正確で一貫性の高い測量が可能になり、河川や運河の航行はより安全性の高いものになります。航空機の離着陸では信号の冗長性が大幅に向上し、判断や安全マージンが改善されます。また、複数の衛星システムからの信号を利用した製品開発の進展も予測されます。このように、従来の市場におけるGPS技術の普及率が高まり、新たなアプリケーションを生み出し、さらにはまったく新しい市場を創出することが期待されています。

抑制要因:新技術普及の遅れ

製造現場での機器のトラッキングに対する需要は、GPS受信機の需要をもたらします。企業は、既存のGNSS製品の新バージョンだけでなく、先進的なGNSS受信機のための研究開発に、多額の投資を行っています。加えて、RTK測位やPPPによる高精度化などの技術の進歩も、GPS受信機の導入を後押ししています。しかし、GPSは現在、さまざまな新興国で未開発状態にあり、今後も発展途上の段階にとどまると予想されています。これは、新しいGPS関連技術の発展を遅らせる要因になります。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama992867-mid-high-level-precision-gps-receiver-market-covid.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告