カーケア製品の市場規模、2021年から2028年にCAGR4.3%で拡大見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
カーケア製品の市場規模、2021年から2028年にCAGR4.3%で拡大見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「カーケア製品の市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2021-2028年):製品 (カークリーニング製品・カーワックス)・パッケージ容量 (501-999 mL・251-500mL)・地域別」 (Grand View Research, Inc.) の販売を4月15日より開始いたしました。

カーケア製品の市場規模は、2020年に103億6,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)4.3%で拡大すると予測されています。世界各地での自動車販売台数の急増、消費者の可処分所得の増加、洗車技術の革新などが予測期間中の市場を牽引すると考えられます。カーケア製品や外観を向上させる製品は、高級車やスポーツ用多目的車に広く使用されています。ワックスやポリッシュは、車の輝きを維持し、保護するために使用されます。また、保護剤やクリーナーは車の外観を維持するために使用されます。この傾向は、予測期間中、製品需要を促進すると予想されます。

米国のカーケア製品市場は、ゼネラルモーターズ、フォードモーターズ、テスラなどの大手自動車メーカーが存在することから、予測期間中に高い成長が見込まれています。また、自動車メーカーがサービスセンターを小規模な場所に設置する傾向が強まっていることや、自動車のメンテナンスに対する消費者の意識が高まっていることも、米国市場の成長に寄与すると考えられます。

インド、タイ、中国などのアジア太平洋地域の主要国では、人口の増加と所得の向上を背景に、歴史的に見ても自動車生産台数が高い水準にあります。これらの国では、需要増に対応するための自動車生産の増加により、製品需要が拡大しており、この傾向は予測期間中も継続すると予想されます。

ヴィンテージカーや中古車の販売が大幅に増加しています。これらの車の外観を維持するには、カーケア製品に大きく依存しています。以前は、メンテナンスはDIY(Do-It-Yourself)の傾向が人気でしたが、現在はDIFM(Do-It-For-Me)の傾向が主流となっています。車のメンテナンスにプロのサービスを選ぶ人が増え、DIFM市場は急速に拡大しています。

自動車業界のプレーヤーにとっては、様々な費用対効果の高い代替品が用意されています。車を磨いたりワックスをかけたりする代わりに、車に塗料を塗っておけば、ワックスやポリッシュを塗る必要がなくなり、車の輝きを長く保つことができます。原材料については、カルナウバ・ワックスの代わりに蜜蝋を使用することで、安価に製品を製造することができます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi996525-car-care-products-market-size-share-trends.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク