Wi-Fiの市場規模、2026年に252億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
Wi-Fiの市場規模、2026年に252億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「Wi-Fiの世界市場 (~2026年):コンポーネント (ハードウェア・ソリューション・サービス)・密度 (高密度Wi-Fi・エンタープライズクラス)・ロケーション (屋内・屋外)・組織規模・産業 (教育・小売・Eコマース)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月15日より開始いたしました。

Wi-Fiの市場規模は、2020年の94億米ドルからCAGR17.8%で成長し、2026年には252億米ドルに達すると予測されています。市場の主な成長要因としては、堅牢なネットワーク接続へのニーズの高まりや、教育、ヘルスケア・ライフサイエンス、および小売・eコマース、BFSI、IT・通信など、様々な業種におけるWi-Fiソリューションの採用が挙げられます。

COVID-19によるWi-Fi市場への影響

COVID-19パンデミックは、個人や企業など、社会のあらゆるセグメントに影響を与えています。インターネットのエコシステムは、世界中で極めて重要な役割を果たしています。COVID-19の蔓延により、オンラインビジネスへの依存度が大幅に高まっています。また、ビルアンドメリンダゲイツ財団(BMGF)やウエルカム財団など、世界各地のさまざまな組織が協力して、COVID-19パンデミック対策の取り組みを強化しています。

牽引要因:企業のデジタルトランスフォーメーションへの取り組み

デジタルソリューションの急速な導入が、Wi-Fi市場の成長につながっています。各国の企業は、革新的かつ魅力的な方法で顧客を惹きつけるために、技術的に高度なアプリケーションを各分野に導入しようとしています。このため、Wi-Fiなど、高品質の無線ネットワーク接続の必要性が高まっています。さらに、企業のニーズを最大限に満たすためには、これらの新しいアプリケーションを柔軟な環境で展開し、ネットワークのパフォーマンスとコスト効率を保ちながら、迅速な開発を行う必要があります。Wi-Fiネットワークの導入は、企業がビジネスアプリケーションを構築し、効果的に接続するのに役立ちます。また、ミッションクリティカルなビジネスアプリケーションの接続においても、より高い柔軟性、拡張性、信頼性、および費用対効果をもたらします。さらに、主要な産業分野では、ビジネスオペレーションを合理化し、新たなビジネス収益機会を増やすために、ビジネスプロセスの自動化とデジタル化に取り組んでいます。

抑制要因:競合損失と同一チャネル干渉

Wi-Fiネットワークでは、競合損失とチャネル間干渉が大きな問題となります。競合損失とは、多くのクライアントが1台のAP(アクセスポイント)に集中することによるネットワークパフォーマンスの低下を指し、同一チャネル干渉とは、2台以上のアクセスポイントが同じRF(Radio Frequency)チャネルを使用することにより、ネットワークパフォーマンスに影響を与えることを指します。同一チャネル干渉は、北米、欧州、アジア太平洋地域の一部など、成熟した市場において懸念材料となっています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama995472-wi-fi-market-by-component-hardware-solution.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告