国際自動車、時間外の小児医療相談アプリ「キッズドクター」との連携を4月13日より開始

プレスリリース発表元企業:国際自動車株式会社
トップ画像

キッズドクター

サポートキャブ

国際自動車株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西川 洋志、以下「国際自動車」)と、株式会社ノーススター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田北 浩大、以下「ノーススター」)は、時間外の小児医療相談アプリ「キッズドクター」において、救急病院までの交通手段となるタクシーの配車連携を2021年4月13日より開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/255123/LL_img_255123_1.jpeg
トップ画像

■国際自動車の「サポートキャブ」について
サポートキャブとは、ご自分で歩行が可能な方で緊急性がない場合に、通院や受診などをサポートするタクシーのことです。国際自動車グループは東京都23区内で唯一東京消防庁の認定を受けています。また、国際自動車グループのすべてのドライバーは、救命講習を受講して修了証を交付されており、心臓マッサージや人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)の操作などの救命手当の技能を持っておりますので、安心してご利用いただけます。


■時間外の小児医療相談アプリ「キッズドクター」について
『キッズドクター』は、平日夜間・休日など、病院が開いていない時間帯の子供の健康に関する不安をサポートする無料アプリです。子供の健康に不安を感じた際に、看護師による医療相談が無料で受けられ、必要に応じて、ビデオ通話を通した医師とのオンライン診療や、医師が自宅で診察してくれる往診を依頼することができます。(健康保険・子供医療補助成適用可) URL: https://kids-doctor.jp/

この度、ノーススターから「子供の病気を診てもらえる医療機関がわからない」「夜の時間帯に救急病院までのタクシーが捕まらない」等のご利用者様の声が多くあることを受け、国際自動車は「サポートキャブ」との連携を開始致しました。ノーススター「キッズドクター」の医療相談機能を通して、近くの救急病院の紹介を行い、東京都23区・武蔵野市・三鷹市にお住まいの方は必要に応じて、病院までの移動手段となるタクシーの配車支援サービスをご利用いただけます。

<サービス対象エリア>東京都23区・武蔵野市・三鷹市
国際自動車とノーススターは、今回の事業連携をきっかけとして、時間外の子供の突然の病気・ケガに不安を抱えていらっしゃる親御さんの不安解消に繋がるサービスを今後も届けて参ります。


【国際自動車株式会社 会社概要】
所在地 : 東京都港区赤坂二丁目8番6号 km赤坂ビル
創業 : 1920年3月
代表者 : 代表取締役社長 西川 洋志
事業内容: タクシー事業、ハイヤー事業、自動車管理請負事業、貸切バス事業、
乗合バス事業、シャトルバス事業、整備事業、駐車場事業、
保険事業、オートリース・自動車機器リース事業等の自動車運行に
関わるあらゆるサービス部門を有する旅客運送事業
URL : http://www.km-group.co.jp/


【株式会社ノーススター 会社概要】
所在地 : 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-15 ザ・パークレックス日本橋馬喰町5階
設立 : 2021年1月28日
代表者 : 代表取締役社長 田北 浩大
資本金 : 9,800万円 ※準備金含む
事業内容: インターネットを利用した医療・ヘルスケア関連サービスの提供
URL : https://nstr.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
 

広告

ピックアップ 注目ニュース