経済産業省「未来の教室」STEAM Sportsコンテンツを大学生へ提供! STEAM Sports Laboratoryは体育会学生を応援します!!

プレスリリース発表元企業:株式会社STEAM Sports Laboratory
経済産業省「未来の教室」STEAM Sportsコンテンツを大学生へ提供! STEAM Sports Laboratoryは体育会学生を応援します!!


 株式会社STEAM Sports Laboratory(代表取締役社長:山羽教文)は、昨年9月17日に経済産業省が推進する2020年度「未来の教室」事業の事業者として採択され、同事業における開発コンテンツとして「STEAM Sports教材」が、経済産業省「未来の教室」STEAMライブラリー(https://www.steam-library.go.jp/)で公開されました。
 こちらでは学校現場での活用を想定し、動画教材、学習指導案、及びワークシートを作成し、小学生向けに1テーマと中高生向けに4テーマの全5テーマが公開されています。弊社では、小学生向けを除く4テーマ(チームビルディング・動作解析・データ分析・身体づくり)を大学生用にカスタマイズし、就職活動サポートと合わせ5テーマのSTEAM Sportsプログラムを体育会団体に所属する大学生を対象に展開していきます。



 株式会社STEAM Sports Laboratory(代表取締役社長:山羽教文)は、昨年9月17日に経済産業省が推進する2020年度「未来の教室」事業の事業者として採択され、同事業における開発コンテンツとして「STEAM Sports教材」が、経済産業省「未来の教室」STEAMライブラリー(https://www.steam-library.go.jp/ )で公開されました。
 こちらでは学校現場での活用を想定し、動画教材、学習指導案、及びワークシートを作成し、小学生向けに1テーマと中高生向けに4テーマの全5テーマが公開されています。弊社では、小学生向けを除く4テーマ(チームビルディング・動作解析・データ分析・身体づくり)を大学生用にカスタマイズし、就職活動サポートと合わせ5テーマのSTEAM Sportsプログラムを体育会団体に所属する大学生を対象に展開していきます。

〜STEAM Sportsの概要〜
 まず、STEAMとは科学/Science、技術/Technology、工学/Engineering、人文社会・芸術・デザイン/Art、数学/Mathematicsの各英単語の頭文字を組み合わせた造語であり、現代では世界共通の教育キーワードとして従来の理数教育に創造性を加えた教育理念です。これからは多くの仕事がAIに取って変わるとされています。そのような時代では、STEAM教育のような分野横断的な学びを通して主体的に物事を考え、新たな価値を創造する力がより一層求められます。
 そして、近年では目覚ましい科学技術の進歩によって、スポーツにも科学が積極的に取り入れられようになってきました。従来では感覚や精神論的に捉えられていたスポ―ツにおいても、STEAM教育のように多面的な観点から競技に取り組むことが効率的なパフォーマンス向上には欠かせません。
 そこで弊社では、これらのSTEAM教育とスポーツを掛け合わせて競技力だけでなく、今後求められる主体性および創造力、さらには問題解決能力の向上を図り、下記プログラムを実施していく予定です。


〜「STEAM Sportsプログラム」の概要〜
 本プログラムでは、3月に公開された経済産業省「未来の教室」STEAMライブラリーにて弊社が作成したコンテンツの中で小学生向けを除く4テーマ(チームビルディング・動作解析・データ分析・身体づくり)を大学生用にカスタマイズし、就職活動サポートと合わせ5テーマをSTEAM Sportsプログラムとして体育会団体に所属する大学生を対象に展開していきます。

❶チームビルディング(https://www.steam-library.go.jp/content/34
内容:チームづくりの原理原則を動画等で学びながら、タグラグビーや各競技で実践していく、チームビルディングの仮想体験プログラムです。チームづくりの過程で自己認識や他者尊重、目標設定、コミュニケーション等のライフスキルについても学んでいきます。

❷動作解析(https://www.steam-library.go.jp/content/36
内容:映像技術の発展により、動作を可視化し、効率的にパフォーマンスを改善できるようになりました。オリンピックメダリストも実践した映像を用いた動作改善プログラムを体験し、競技パフォーマンスおよび課題解決能力の向上を目指します。

❸データ分析(https://www.steam-library.go.jp/content/32
内容:プロスポーツにおけるケーススタディを通じて、データ活用の意義やその方法を学習しながら、チームパフォーマンスの向上を目指します。
その他、野球ではメジャーリーグ・日本のプロ野球でも使っているラプソードの測定、フィールド競技ではG P Sを活用するなど、自分たちのデータを取り探究学習することができます。

❹身体づくり(https://www.steam-library.go.jp/content/33
内容:身体づくりには、重要な要素が3つあります。栄養、フィジカル、休養です。これらはいずれも欠かすことなく実践されなければ、理想的な身体をつくることができません。これら3つの基本的な考え方を学習し、実践に活かすことを目指します。

❺就活サポート(https://pando.life/beelab
内容:大学での部活動等を通じて、自身の「就活」や「将来」のあり方について考え、より充実した学生生活を送れるよう、弊社のキャリアカウンセラーがサポートいたします。

講師予定者
■  チームビルディング 山羽教文(弊社代表取締役 元早稲田大学ラグビー部主将)
■  動作解析 小松崇志(弊社社員 鹿屋体育大学 修士(体育学))
■  データ分析 ラプソード 小松崇志(弊社社員 鹿屋体育大学 修士(体育学))
■  身体づくり 栄養部門 長島未央子(KAGO食スポーツ代表取締役 鹿屋体育大学 博士(体育学))
■  身体づくり コンディショニング部門 海江田晃(ラグビー パナソニックワイルドナイツ アスレチック&R T Pトレーナー)
■  就活サポート 神徳紫(弊社社員 キャリアカウンセラー)

〜「STEAM Sportsプログラム紹介セミナー」について〜
 この度は、今後実施の「STEAM Sportsプログラム」に関する説明会をオンラインにて、2回  4月19日(月)・5月17日(月)に開催いたします。ご興味のある学生の方は説明会申込フォーム(https://pro.form-mailer.jp/fms/5a57eef9222924 )にご登録ください。



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
 

広告

ピックアップ 注目ニュース