震災から10年。当時小学3年生の子どもたちが描いた「未来の相馬」が全国を巡回し最後の展覧会を迎えます。「3月11日の、あのね。」3月23日(火)より新宿にて開催

プレスリリース発表元企業:株式会社スペース・ゼロ
震災から10年。当時小学3年生の子どもたちが描いた「未来の相馬」が全国を巡回し最後の展覧会を迎えます。「3月11日の、あのね。」3月23日(火)より新宿にて開催


東日本大震災直後に福島県相馬市の子どもたちとアーティストたちとの出会いからスタートした、東京と被災地の子どもたちの心をアートでつなぐ展覧会「3月11日の、あのね。」展。3月23日(火)より開催10回目の最後の展覧会を迎えます。震災から10年となる今年、当時小学3年生だった子どもたちが描いた「福島・相馬」は18歳になった彼らの元へ帰ります。高校を卒業し、大学や専門学校に進学する子。社会に出て就職する子。皆それぞれの道を歩みはじめる小さなアーティストたちの作品とNPO法人3.11こども文庫の活動を是非ご覧ください。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTU3NSMyNjU3MzEjMjk1NzVfc1ZzSFRjZllIbi5qcGc.jpg ]
東日本大震災から10年が経ちました。この絵を描いた子ども達は今年18歳になります。
高校を卒業して大学や専門学校に進学する子。社会に出て就職する子。
皆それぞれの道を歩みはじめる事となります。
2011年、当時小学校3年生だった彼らの描いた約200枚の絵を、10年後に返却する約束のもと、各地で展覧会を開催して沢山の皆様に見ていただく活動を続けてきました。
そして、今年がその約束の年なのです。
2021年、この作品達は作者1人1人の元へ帰る事となります。
3月11日の、あのね。#10
10年間世界を旅してきた絵画達の最後の展覧会となります。
彼らの絵は、沢山の難問を抱えたこの世界の中でも色褪せることなく、
時を経てもなお感じ取ることのできる瑞々しい筆致から、私たちが立ち向かうべき難問を解くヒントを静かに教えてくれるはずです。
作品が一同に集まる展覧会はこれが最終回となります。是非ご覧下さい。
この先の子ども達の健やかな成長を祈るとともに、
10年間、本展に足を運んでくださった皆様に感謝を込めて。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTU3NSMyNjU3MzEjMjk1NzVfQWxNRFB6bkdnTy5wbmc.png ]

--開催概要--
『3月11日の、あのね。#10』
〈WEBサイト〉https://www.spacezero.co.jp/information/136246
〈日 程〉2021年3月23日(火)~3月28日(日)
〈時 間〉10:00~19:00(最終日は16:00まで)
※会期中無休・入場無料 ※新型コロナウィルス感染症対策を施しての開催となります。
〈会 場〉こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ B1ギャラリー・展示室
〈最寄駅〉JR新宿駅南口徒歩5分

--展示内容--


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTU3NSMyNjU3MzEjMjk1NzVfVGpZR2hpWmpKRi5wbmc.png ]
2011年震災直後、当時、相馬市立中村第二小学校の三年生が描いた「未来の福島・相馬」。その後10年間全国を巡回し、147点から選抜した約70点を一同に展覧。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTU3NSMyNjU3MzEjMjk1NzVfb3F2VHJ3bmRlYy5wbmc.png ]
NPO法人3.11こども文庫の10年間に渡る活動をパネルにて展示。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMyOTU3NSMyNjU3MzEjMjk1NzVfdEdvZ056eUltUy5wbmc.png ]
3.11こども文庫オリジナルグッズや協賛作家のグッズを販売。
売り上げの一部はこども文庫に通う子どもたちの為の運営資金とさせていただきます。

--新型コロナウィルス感染症対策について--
施設内の密集を避けるため、入場制限を実施する場合もございます。混雑緩和へのご協力をお願い申し上げます。「スペース・ゼロでの新型コロナウイルス感染への対策とご協力のお願い」(https://www.spacezero.co.jp/information/134679)をご覧いただいたうえでご来館ください。


--企画団体紹介--
NPO法人「3.11こども文庫 」とは…
版画家 蟹江杏(かにえ・あんず)が、「東日本大震災で傷ついたこども達に絵本と画材を送ろう」と友人、知人へ10通のメールを送ったことから「NPO法人3.11こども文庫」は始まりました。国内外から集まった児童書は約15,000冊となり、これは福島県相馬市に届けられました。また、集まった画材でこども達が描いた絵は、約1,000点にのぼります。「NPO法人3.11こども文庫」の活動は、全国各地でのこどもの絵の展覧会、アート・ワークショップ、後援会など”アートによる復興支援”として、現在も広がっています。
http://www.311bunko.com/


〔主 催〕
NPO法人3.11こども文庫
〔共 催〕
スペース・ゼロ
〔後 援〕
新宿区、相馬市、相馬市教育委員会
〔協 力〕
徳間書店、株式会社Too、アスラン書房、ティー・エフ・シー東京フロリネット株式会社 多摩生花地方卸売市場、相馬市立中村第二小学校の避難所児童と三年生/2011年当時(担任教師:佐藤みゆき、安積崇、西山弥生、浜須直文)、相馬市立磯部小学校の避難所児童、福島LOVE会、Jiyucolor 自由色、自由の森学園、絵本や画材を寄付していただいた全国・世界の皆様、ボランティアで活動に参加していただいた方々
〔宣伝美術〕
サダヒロカズノリ
--お問い合わせ--
■NPO法人3.11こども文庫(担当:岡本)
〔TEL〕 080-3164-7561
〔URL〕 http://www.311bunko.com/
■こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ
http://www.spacezero.co.jp/
TEL:03-3375-8741(平日10:30~17:00)


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース